チキンのトマト煮込みをクックフォーミーで作ってみた【写真でわかる】

自炊

\この記事を読むメリット/

「クックフォーミーのレシピがわかりづらい」
「完成までの目安時間がわからない」
「失敗しないためのポイントは?」
そんなあなたのために、写真つきで「チキンのトマト煮込み」の作り方をわかりやすく解説。
この記事を読みながらつくると失敗しません。

あつい
あつい

この記事は、社食の献立づくり〜調理を毎日担当している、管理栄養士が監修。
実際に作ってみて、よりおいしく作るポイントもお伝えしていきます。


↓「チキンのトマト煮込み」をクックフォーミーで作った結論はこちら

「チキンのトマト煮込み」まとめ

✔︎ 時間:25〜30分(実働10分)

✔︎ 味:★★★★☆
トマトと鶏肉のシンプルイズベストな味わい

✔︎ お手軽さ:★★★★☆
肉を下準備→肉と野菜を焼く→トマト缶+αを加える→圧力調理という手順。材料も少ないし簡単

\料理時間を読書時間に/

Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)30日間無料キャンペーン実施中(通常1,500円→0円)
無料体験では好きなオーディオブックを1冊もらえて、解約後もそのまま利用できるのがオススメポイント1。「運動しながら」「家事しながら」など“ながら読書”は超効率的。少しでも興味があれば、以下リンクからオーディオブックを手に入れて“無理ない読書習慣”への一歩を踏み出してみられませんか。
»Audibleを今すぐ無料で30日間体験する
スポンサーリンク

チキンのトマト煮込みをクックフォーミーで作ってみた【写真でわかる】

クックフォーミーで作る「チキンのトマト煮込み」レシピ

✔︎ 材料

2人前分4人前分
鶏手羽先
(裏に切り込み入れ塩こしょうにする)
4本8本
玉ねぎ
(スライス)
1/4個1/2個
にんにく
(みじん切り)
1/2片1片
カットトマト缶200g400g
オリーブ油大さじ1/2大さじ1
40ml80ml
ローリエ1枚1枚
塩こしょう少々少々
刻んだパセリ
(仕上げ用)
少々少々

✔︎ 調理手順

  1. 鶏手羽先の裏に切り込みを入れ、塩こしょうする。
  2. Cook4meに鍋をセットし、「レシピ」»「メインディッシュ」»「チキンとトマトの煮込み」から予熱を開始する。
  3. 予熱が完了したら、油を入れ、肉を入れて焼き色をつける。
  4. 玉ねぎ、にんにくを加えて透き通るまで炒める。
  5. トマト缶、水、ローリエ、塩こしょうを加える。
  6. フタを閉めて固定し、予熱が完了したら圧力調理スタート。
  7. 圧力調理が終了したら塩こしょうで調味し、パセリを散らして召し上がれ!

この記事では2人分の分量で作っていきます。

鶏手羽先4本(2人前分)の裏に切り込みを入れ、塩こしょうしておきます。

「レシピ」»「メインディッシュ」»「チキンのトマト煮込み」を選択します。

「レシピを開始しますか?」で「はい」を選択すると予熱が開始されます。

予熱時間は4分くらい。

予熱が完了すると「油、肉を入れ焼き色をつけ 玉ねぎ、にんにくを加え 透き通るまで炒める」と表示されています。

オリーブ油大さじ1/2(2人前分)に、さきほどの鶏肉を投入。

焼き色を溶けたあと、玉ねぎ1/4個(スライス)と、にんにく1/2片(みじん切り)を加え、透き通るまで炒めます。

「次の工程に進みますか?」で「はい」を選択すると、指示が表示されます。

「トマト缶、水、ローリエ、塩こしょうを加える」と表示されています。

カットトマト缶200g水40mlローリエ1枚(2人前分)を加えます。

「調理を開始しますか?」で「はい」を選択すると、いよいよ圧力調理に突入です。

あつい
あつい

・予熱調理3分30秒
・圧力調理10分
合計13分30秒かかりました。

手羽先や手羽元をつかったメニューは、レシピ通りの時間だと“ほろっ”とするところまで柔らかくならない印象。わが家では手動で5分間、圧力調理を追加しています。

圧力調理が終了したら塩こしょうで調味し、パセリを散らします。

有機スパイス
¥556 (2021/10/02 17:08時点 | Amazon調べ)

お皿に盛り付けて、さぁ召し上がれ!

あつい
あつい

シンプルに鶏とトマトのおいしさを楽しめるメニューです。

・なすやきのこ、じゃがいもなどの野菜を一緒に煮込む
・蒸し野菜とパンを添えてトマトソースをつけながら食べる
みたいに、少し野菜をプラスするだけで栄養バランスの良いメインディッシュになるので、ぜひ定番にしたい一品です。

「チキンのトマト煮込み」まとめ

✔︎ 時間:25〜30分(実働10分)

✔︎ 味:★★★★☆
トマトと鶏肉のシンプルイズベストな味わい

✔︎ お手軽さ:★★★★☆
肉を下準備→肉と野菜を焼く→トマト缶+αを加える→圧力調理という手順。材料も少ないし簡単

あつい
あつい

最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事がみなさまのお役に立てることを願っています。


料理がめんどくさいけれども、美味しいモノを食べたい人へ。“超ロジカル”な料理への向き合い方を紹介しています。こちらの記事もぜひあわせてお読みください!