チキンジンジャーをクックフォーミーで作ってみた【写真でわかる】

自炊

\この記事を読むメリット/

「クックフォーミーのレシピがわかりづらい」
「完成までの目安時間がわからない」
「失敗しないためのポイントは?」
そんなあなたのために、写真つきで「チキンジンジャー」の作り方をわかりやすく解説。
この記事を読みながらつくると失敗しません。

あつい
あつい

この記事は、社食の献立づくり〜調理を毎日担当している、管理栄養士が監修。
実際に作ってみて、よりおいしく作るポイントもお伝えしていきます。


↓「チキンジンジャー」をクックフォーミーで作った結論はこちら

「チキンジンジャー」まとめ

✔︎ 時間:20分(実働9分)

✔︎ 味:★★★★☆
お肉は安定のふわふわ。しっかりおかずになる味

✔︎ お手軽さ:★★★★☆
肉を下準備→肉を焼く→調味料を加える→圧力調理という手順。焼く工程はあるが、まったく難しくはない

\料理時間を読書時間に/

Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)30日間無料キャンペーン実施中(通常1,500円→0円)
無料体験では好きなオーディオブックを1冊もらえて、解約後もそのまま利用できるのがオススメポイント1。「運動しながら」「家事しながら」など“ながら読書”は超効率的。少しでも興味があれば、以下リンクからオーディオブックを手に入れて“無理ない読書習慣”への一歩を踏み出してみられませんか。
»Audibleを今すぐ無料で30日間体験する
スポンサーリンク

チキンジンジャーをクックフォーミーで作ってみた【写真でわかる】

クックフォーミーで作る「チキンジンジャー」レシピ

✔︎ 材料

2人前分4人前分
鶏もも肉
(1枚200g塩こしょうをすりこむ)
400g800g
オリーブ油大さじ1/2大さじ1
A-おろししょうが小さじ1小さじ2
A-塩小さじ1/2小さじ1
A-こしょう少々少々
A-薄力粉大さじ1/2大さじ1
B-おろししょうが小さじ1小さじ2
B-ウスターソース大さじ1.5大さじ3
B-しょうゆ大さじ1.5大さじ3
B-酒大さじ3/4大さじ1.5
B-はちみつ大さじ1大さじ2
B-砂糖小さじ1.5小さじ3

✔︎ 調理手順

  1. フォークで鶏もも肉に穴をあけ、塩、こしょう、薄力粉を全体にまぶす。
  2. Cook4meに鍋をセットし、「レシピ」»「メインディッシュ」»「チキンジンジャー」から予熱を開始する。(「通常調理」»「強火」でもOK)
  3. 予熱が完了したら、油を入れ、肉の両面を焼きつける。
  4. おろししょうが、ウスターソース、しょうゆ、酒、はちみつ、砂糖を入れ、肉となじませる。
  5. フタを閉めて固定し、予熱が完了したら圧力調理スタート。(「通常調理」»「圧力調理 3分」でもOK)
  6. お皿に盛り付けて、さぁ召し上がれ!

この記事では2人分の分量で作っていきます。

「レシピ」»「メインディッシュ」»「チキンジンジャー」を選択します。

「チキンジンジャー」のレシピがない機種では、マニュアル調理(通常調理強火→圧力調理3分)

「レシピを開始しますか?」で「はい」を選択すると、指示が表示されます。

「フォークで肉に穴をあけ A1を全体にまぶす」とのこと。

鶏もも肉400g(2人前分)にフォークでぷすぷすと穴を開けて…

おろししょうが小さじ1塩小さじ1/2薄力粉大さじ1/2(2人前分)を全体にまぶしました。

指示が表示された画面で「OK」を押すと予熱スタート。予熱時間は4分30秒くらい。

予熱が完了すると「油をいれ、肉の両面を焼きつける」と表示されています。

オリーブ油大さじ1/2(2人前分)に、さきほどの鶏肉を投入。

両面を焼きつけました。

「次の工程に進みますか?」で「はい」を選択すると、指示が表示されます。

「B2を加える」と表示されています。

しょうゆ大さじ1.5(2人前分)

ウスターソース大さじ1.5(2人前分)

酒大さじ3/4(2人前分)

はちみつ大さじ1(2人前分)

おろししょうが小さじ1(2人前分)

砂糖小さじ1.5を入れて、軽くなじませます。

「調理を開始しますか?」で「はい」を選択すると、いよいよ圧力調理に突入です。

あつい
あつい

・予熱調理3分
・圧力調理3分
合計6分かかりました。

圧力調理が終了したら完成です。お皿に盛りつけて、召し上がれ!

あつい
あつい

お肉がしっとりやわらかく、甘辛ソースがよくからんでごはんがススム味です。
ソースがしっかり味なので、蒸し野菜や生野菜をこのソースにつけながら、一緒にたっぷり食べられます。

「チキンジンジャー」まとめ

✔︎ 時間:20分(実働9分)

✔︎ 味:★★★★☆
お肉は安定のふわふわ。しっかりおかずになる味

✔︎ お手軽さ:★★★★☆
肉を下準備→肉を焼く→調味料を加える→圧力調理という手順。焼く工程はあるが、まったく難しくはない

あつい
あつい

最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事がみなさまのお役に立てることを願っています。


料理がめんどくさいけれども、美味しいモノを食べたい人へ。“超ロジカル”な料理への向き合い方を紹介しています。こちらの記事もぜひあわせてお読みください!