英語教育はコミュニケーションを意識するだけで変わります、絶対!

英語教育
あつい
あつい

こんにちは、元中学英語教員のあついです。

この記事では、
英語教育はコミュニケーションを意識するだけで変わります、絶対!
というテーマで書いています。

私自身授業を大きく変えるきっかけとなった「コミュニケーション」の考え方。
後半には具体的な活動例も紹介しています。

この記事を読み、「コミュニケーション」について正しく理解すれば、あなたの授業は変わります、絶対!

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

英語教育はコミュニケーションを意識するだけで変わる

英語教育が根本的に変わるたった1つの魔法…


それは「コミュニケーション」を意識することです。


この考え方をきちんと理解できれば、

・子どもが楽しんで自ら学ぶ

・大幅な成績アップ

・実践的に使える英語の習得

・教師も授業の方針が立てやすくなる


などなど、いいことずくめ!


私自身は、教員5年目にこのことにようやく気付き、びっくりするほど授業がやりやすくなりましたし、子どもの成績もグングン伸びるようになりました。


ちなみに、「コミュニケーション」は学習指導要領の目標にも出てくる重要な話です。

第1 目 標

 外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して,簡単な情報や考えなどを理解したり表現したり伝え合ったりするコミュニケーションを図る資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1387018_010.pdf


なので、英語教師なら聞いたことあるはず。


しかし、残念ながら多くの先生は「コミュニケーション」の大切さや、授業への取り入れ方に、本当の意味で気づけていません。


「コミュニケーション」が腹の底から大事だ!と思えた時、あなたの授業は確実に変わるでしょう。

そもそも英語を学ぶのはなんのため?

そもそも、なんのために英語を学ぶのか?


このとき、自分しか見ない日記を書く、頭の中で思考する、英文学を原作のままで読むなど、個人で自己完結する目的のために英語を学ぶこともあるでしょう。


ただ、多くの場合、会話したり、メッセージを送ったり、自分以外の他者とコミュニケーションを図るためではないでしょうか?


つまり、

英単語を一生懸命覚えるのも…

英文法を学んでドリルを解くのも…

教科書を音読して英語が発音できるようになるのも…


すべては他者とのコミュニケーションが本来の目的のはずなのです。

きらら
きらら

英語は最終的に活用して、他者とコミュニケーションするために学んでるんでしょ?ってこと?

あつい
あつい

そういうこと!
英語を習得することそのものが「手段」であり、「目的」はコミュニケーションだということ。


けど残念ながら、学校教育ではこの本来の「コミュニケーション」という目的を忘れがち。


具体的には「テストでいい点をとる」という目的にすり替わったり。


また、「1000単語覚える!」「文法を理解する」「教科書をスラスラ読めるようになる」みたいに手段と目的がぐちゃぐちゃになることもあります。


それらははっきり言って、多くの子どもにとって魅力的な目的とは映りません。





コミュニケーションを意識することは、英語を学ぶ本来の目的を思い出すこと。


人間は社会的な生き物です。


だから、コミュニケーションは人間の根源的な欲求にもとづいています。

「コミュニケーション」という目的を意識することは、授業に生命を吹き込み、子どもが英語を学ぶ本当の楽しさに気付き、彼らの心に火をつけることへとつながります。

まずは、2種類のコミュニケーションを知ろう!

あつい
あつい

ここからは「コミュニケーションを意識する」の実践編です。
「意識する」とは具体的にどうすればいいのかをお伝えします!

2種類のコミュニケーション

コミュニケーションを意識するために、コミュニケーションにはそもそもどんな種類があるのかを学びます。


そこで、私が授業で特によく使うのは以下の2つの分類です。

コミュニケーション2つの分類

・チャット(続けることが目的のコミュニケーション)
 相手と仲良くなるための雑談、おしゃべり

・ネゴシエーション(用事が済めば終わるコミュニケーション)
 買い物の値引き交渉、問い合わせ、依頼、会議、道をたずねるetc.


ちなみに、ここら辺の話っておそらく学術研究もあると思うので、厳密に学びたい人は調べてみてください。


これは、私が実践の中で編み出した分類にすぎません。


ただ、この分類は、少なくとも授業づくりではかなり使えると思いますよ!


あつい
あつい

また、他者とのコミュニケーションの全てが、先の2つに分類できると言いたいわけではありません。

例えば、
・プレゼンテーション
・広告
・SNSやYoutubeなどの動画での一人語り
など

これらもコミュニケーションだと言えますが、上記2つのコミュニケーションの応用編として考えていくことも可能かと思います。

数多くのコミュニケーションの中で、チャットとネゴシエーションは特に基礎的で、重要度も高いと考えています。

チャット(続けることが目的のコミュニケーション)

まずは、チャット。


チャット(chat)は、日本語では「雑談、おしゃべり」という意味。


相手と仲良くなるために、終わりなく会話するコミュニケーションです。


例えば、気になるあの子と電話で話す場面。


このとき、基本戦略としては「できるだけ長く会話を続けること」です。

チャットとは?

相手と仲良くなるために、終わりなく会話するコミュニケーション。会話はできるだけ長く続いた方がよい

ネゴシエーション(用事が済めば終わるコミュニケーション)

次に、ネゴシエーション。


ネゴシエーション(negotiation)は、日本語では「交渉」という意味。


会話の目的が明確で、交渉が成立し会話の目的が達成されたらやりとりが終了するコミュニケーションです。


典型的なのは買い物の値引き交渉です。

①希望の値段まで安くしてもらう、という目的がはっきりしている

②希望の値段まで下げられるまで交渉が継続する

③希望の値段で話がまとまったら、交渉は終了する


これが、用事が済めば終わるネゴシエーション。


日常の様々な場面でネゴシエーションが発生しているのがわかるでしょう。


そして、自分の目的がきちんと達成されるのが、よいネゴシエーションです。

ネゴシエーションとは?

会話の目的が明確で、交渉が成立し会話の目的が達成されたら、やりとりが終了するコミュニケーション。自分の目的がきちんと達成されるのが、よいネゴシエーション


ここでのポイントは、ネゴシエーション(交渉)が必要な場面でのみ、コミュニケーションが発生するいうこと。


逆に言うと、ネゴシエーションが必要でない場合は、コミュニケーションは発生しないということなんです!!


例えば、教科書を見ると、以下のような例文が出てきます。

A: Excuse me. How much is this?

B: It’s 950 yen.

A: OK, I’ll take it.


で、このとき、これを使って、

買い物でのコミュニケーションを身につけましょう!
ペアになって、買い物の場面でコミュニケーション活動してください!


みたいにやること、ありますよね?


けど、このような活動をする先生は、はっきり言って「コミュニケーション」を理解していません。




ちょっと考えて欲しいんですけど、こういう場面って実際どれくらいあるでしょうか?


コンビニやスーパーで買い物する時、値段なんて書いてあるじゃないですか。


レストランに行っても、多くの場合メニュー表見れば値段が書いてありますよね?


そして、自分がその値段に納得している場合、店員といちいち交渉しますか?


コンビニ、スーパーに行く時でも、店員と一言も会話しないこと、実際ありますよね?




つまり、ただ「買い物をする」というだけでは、ネゴシエーションの必要はないのです。


そして、ネゴシエーションの必要がないと、コミュニケーションなんて起こらないのです。

あつい
あつい

海外旅行に行ったことある人はわかると思うのですが、海外に行ったからといって、たくさん外国語を話すかと言われたら、実はそんなことありませんよね?

なぜなら、交渉する必要がない場面では、相手と会話する必要がないからです。



なので、買い物という場面だとしたら、値引きをするとか、ぼったくられるとか、そういう事態が発生したときに、初めてネゴシエーションが生まれ、コミュニケーションが起こるわけです。

ネゴシエーションがあるときにのみ、コミュニケーションが起こる

→コミュニケーションさせたければ、ネゴシエーションが必要な場面を選ぼう!

あつい
あつい

まとめると、日常で起こる「コミュニケーション」のうち、

チャット(続けることが目的のコミュニケーション)
ネゴシエーション(用事が済めば終わるコミュニケーション)

の2つに注目しましょう。

これら2つは、日常でよく発生するコミュニケーションである!

ということです。


では、これら2種類のコミュニケーションを、授業の中でどのように生かすかを最後に見ます。

すべての授業をコミュニケーション活動につなげよう

あつい
あつい

本来の目的である「コミュニケーション」を意識すれば、英語教育が変わると言いました。

そして、数あるコミュニケーションの中でも、ネゴシエーションとチャットの2つが特に重要度が高いことを確認しました。

では、最後に実際の授業の中で、これらどう生かすかを見ていきます!


まずは、単元ごとでも、言語材料ごとでもいいので、最後は必ずコミュニケーション活動につなげます。


そして、それらのコミュニケーション活動をつくる時に、チャットかネゴシエーションか、いずれかを選択します。


以下に、コミュニケーション活動のアイデアを2つ示します。


まずは、チャット型から。

チャット型のコミュニケーション活動例

言語材料:
・be動詞
・一般動詞の基礎基本 (Are you〜? Do you〜?など)

場面:
入学式初日、クラスで初めて出会った友達と仲良くなるために、会話を続ける。

会話例:

A: Hi, I’m Yurui. Nice to meet you.
B: Oh, hi. I’m Rin. Nice to meet you, too.
A: Well, are you from Nagaki elementary school?
B: No, I’m not. I’m from Heiden.
A: Oh, you are from Heiden! I’m from Yoro elementary school.
B: Yoro! So…do you know Mika-chan?
A: Mika-chan is… Yamada Mika? Yes, she’s my friend.
B: That’s good! She’s my friend, too. We are in the same swimming school.


この活動は、旧カリキュラムだと1年生1学期にやるイメージ。


いくつかの小学校から、同じ中学に入学してきた友達と初めて会話したときの場面です。


とにかく、まずはゴールにこのようなコミュニケーション活動を置く。


そして、事前の文法指導や、音読などで扱う例文もコミュニケーション活動に使えるような表現を練習しておきます。

あつい
あつい

例えば、I’m from America. みたいに出身国を伝える表現は教科書で頻出ですが、それに加えて「〜小学校出身」みたいな表現も練習しておく感じです。



もう1つ、ネゴシエーション型のコミュニケーション活動例です。

ネゴシエーション型のコミュニケーション活動例

言語材料:
I don’t know what to do.
Could you tell me how to get to 〇〇? など

場面:
自分の町にやって来た海外の友人から突然の電話が。急遽半日予定が空いたけれど、何かオススメスポットはないか?と尋ねられた。

会話例:

A: Hi, Ken!
B: Oh, Rin? Long time no talk. What’s going on?
A: I’m now in Kyoto, and my schedule has just been canceled. So I have some free time, but I don’t know what to do in Kyoto. Do you know any good places to visit in Kyoto?


見ての通り、複雑な言語材料を使っているので、旧カリキュラムだと3年生を対象としています。


このままオススメスポットを教えてもらって、そこまでの行き方をたずねる、という展開です。


相手の好みなども聞きながらオススメスポットが決まり、そこまでの行き方も伝わったら、会話終了です。


この場合も、ゴールとしてコミュニケーション活動を設定する。


そして、事前の文法指導や、音読などで扱う例文もコミュニケーション活動に使えるような表現を練習しておく。


まとめます!

授業でコミュニケーションを意識するには?

・ゴールに必ずコミュニケーション活動を設定する

・コミュニケーション活動は、コミュニケーションの必然性のある、チャットかネゴシエーションの場面を設定

・活動に必要な表現・文法を、教科書やドリルを使って事前に学習できるよう、授業を構成する

あつい
あつい

以上、英語教育の「コミュニケーション」について、考え方と実践へのつなげ方について解説しました。

改めて強調しますが、
英語教育はコミュニケーションを意識するだけで変わります、絶対!


なお、コミュニケーション活動をつくるには以下の「場面設定」の考え方を身に付けるのは必須です!

ぜひあわせてお読みください!

英語教育完全ガイド
↓↓↓↓↓↓