英語教育の完全ガイド(入門〜上級まで)

英語教育

小・中・高の学校の英語の先生、塾や家庭教師で英語を教える人に向けた、英語教育ネタや考え方のまとめページです。(現在19記事)

このページを上から順番に読んでいくことで、英語教育の基本〜応用まで学ぶことができ、子どもの成績がぐんぐん伸び、「先生の授業、楽しい!」と言ってもらえる授業ができるようになります。


また、どんな先生でも、どんな子どもに対しても、カンタンに実践できるユニバーサルデザインな英語教育を目指しています。


自分自身、最初は右も左もわからないまま教育現場に入り、英語の授業づくりに苦労してきましたし、たくさん失敗もしてきました。


ここでは試行錯誤の中で見出してきた、渾身のネタや考え方を余すことなくお伝えします。


一人でも多くの先生の負担が減り、授業が楽しいと思え、なにより子どもたちが英語をもっと楽しく、もっと効果的に身につけられることを目指して、心を込めて書いていきます。




✔︎ 補足:記事の信頼性

記事執筆者のプロフィールは以下の通り。

・中学校の元英語教員

・担当したクラスが、模試で全員が偏差値50以上、市でダントツ1位の成績を獲得


英語教育関連の記事が、Google検索でも上位獲得中です。

当ブログの英語教育関連記事の検索順位
(2020年11月6日現在 / 上位のものだけ)

✔︎「英語授業 ネタ」→1位

✔︎「英語 ペアワーク」→1位

✔︎「be動詞 ゲーム」→2位

✔︎「一般動詞 ゲーム」→1位

✔︎「オールイングリッシュ」→6位

✔︎「英語 場面設定」→7位

✔︎「GDM 英語」→7位

✔︎「英語 助動詞 覚え方」→7位

まだまだこれからですが、引き続き上位獲得を目指します。

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

【入門】明日すぐに使える英語教育ネタを知る

①文法指導

明日の授業にすぐに使える文法ネタが欲しい!という人へ。


簡単に使えて、子どもたちからわかりやすいと評判の文法ネタの数々をまとめています。ぜひ、ご活用ください。


【必見】英語授業のネタ・アイデア21選(絶対にウケる!)
3年連続で生徒全員偏差値50以上。自治体ダントツトップの成績を上げた英語授業で、実際に使っている文法指導ネタ・アイデアを一挙公開!


【英語】助動詞の覚え方(歌でわかりやすく簡単!)
「助動詞が覚えられない」「助動詞をわかりやすく教えるには」そんな悩みを抱える、学習者や英語の先生に向けて。この記事では「助動詞の歌」を使い、助動詞を楽しく覚えます。この記事を読めば、基本の助動詞11個の意味をすぐに覚え、助動詞を使って簡単な文章を書けるようになります!


【英語】疑問詞の覚え方(歌でわかりやすく簡単!)
「疑問詞を覚えられない」「疑問詞をだれでもわかるように教えるには」「疑問詞の歌」を使った、疑問詞の楽しい覚え方を紹介。英語が苦手な子でも「すぐに覚えることができる」とっておきのやり方です。この記事を読めば、疑問詞12個の意味を一瞬で覚え、疑問詞を使って簡単な疑問文を書けるようになります!


現在完了形とは?歌でわかりやすく解説
「現在完了形がわからない」「現在完了形をわかりやすく教えるには」そんな悩みを抱える、学習者や英語の先生に向けて。この記事では「現在完了の歌」を使い、現在完了形を楽しく学習します。この記事を読めば、現在完了形の3つの意味と、いっしょに使う表現を整理して覚えることができます!


【わかりやすい】someとanyの違いや使い分けは?教え方は?
「someは肯定文、anyは否定文・疑問文」はウソ!?someとanyの使い分けについて、わかりやすく解説。英語の授業でどのように教えればよいかも、よくわかります。

②音声指導

英語授業の肝となる音声指導について書いています。

【英語】フォニックスの教え方【超簡単!授業ですぐに使える】
「フォニックスってどうやって教えればよいのだろう」「英語の音声指導ってどうすればいいのだろう」この記事では「フォニックスの教え方」を徹底解説。指導を受けた卒業生からは「高校に行って発音が褒められた」という報告が、毎年のように寄せられます。特別な道具は一切いらない、とっておきのフォニックス指導法です。

③語彙指導

続いて、語彙指導4パターンを紹介。共同的な学びを生み出す活動ばかりです。

語彙指導4パターン

  1. グループで発音チェック【発音】
  2. ペアで単語クイズ【発音&意味】
  3. クラスみんなでパパイヤジュース【発音】
  4. クラスみんなでチョークリレー【発音&スペル】


1. グループで発音チェック【発音】

新出単語の発音指導をグループワークで行う方法です。

グループで発音チェック

(1)各グループに用意したCD音源や発音記号を参考に、新出単語の発音を練習する

(2)練習できたグループは教師(※AETにお願いすることが多い)のところへ行き、フラッシュカードをランダムで見せながら、一人一人が正しく発音できるかチェックする。一人でも出された単語を正しく発音ができなければ、もう一度席に戻って発音を練習する

(3)全員が正しく発音できたら活動終了。早く終わったら、単語のスペルを書いて覚える


2. 単語クイズ【発音&意味】

一人が日本語訳を出題し、もう一人がその英語を答えるという簡単なクイズ。


教科書に出てくる新出単語を以下のようなプリント(左側に英語、右側に日本語)にして配布します。

活動の流れは以下の通り。

単語クイズ

(1)プリントを見て、出題範囲を確認する。

(2)1分間プリントを使って、個人で単語の復習をする。

(3)ペアになり、片方の子どもが単語の日本語訳を出題、もう一人の子どもがそれを英語で答える。
※英語を答える子どもは原則プリントは見ない。この時、英語が得意な子どもが、先に答える側になる方がスムーズに活動が進む

(4)出題側と、答える側を交代して同じ活動をする。



3. クラスみんなでパパイヤジュース【発音】

1人が単語を言う→全員でリピートするというのを、子どもが順番になってつないでいくゲーム。クラス全体で取り組みます。

パパイヤジュース。リズムで楽しい英単語ゲームを紹介
準備不要、カンタン、子どもが夢中になって取り組む、クラスの空気が良くなる、飽きない、学力アップ…そんなメリットだらけのゲームがあれば、やってみたいと思いませんか?この記事では、メリットしかないとっておきのゲーム「パパイヤジュース」を徹底解説します!



4. クラスみんなでチョークリレー【発音&スペル】

チョークをバトンのようにして、生徒が交代に英単語のスペルを1文字ずつ書いていきます。体も動かしますし、めちゃめちゃ盛り上がります。

【楽しい】英単語スペルをゲームで暗記!授業ですぐに使える「チョークリレー」
英単語のスペルを仲間と協力しながら覚えるゲーム「チョークリレー」について書いています。勉強になるだけでなく、子どもの人間関係もぐんぐんよくなります。それに、準備もとってもカンタン手間いらず!

④教科書本文指導

教科書本文は、子どもは退屈だし、教師も苦労しますよね…。


そこでオススメなのが、教科書本文を題材にしたクイズ大会(クイズバトル)です。退屈だった教科書本文の時間が、お楽しみの時間に早変わり!

クイズバトルで長文読解が最高に楽しくなる!
「教科書長文の指導の仕方がわからない」そんな悩みを抱えていませんか?子どもも先生も苦手な長文読解のパートを、楽しく、しかも効果的に学べる「クイズバトル」を紹介。この記事を読めば、今まで苦手だった長文読解の指導にもう困ることはありません。

【入門】英語教育をもっと楽しくする工夫を知る

英語教育はコミュニケーションが大事!たくさん声を出して、元気よく進められるよう「授業はとにかく楽しく面白く」を目指しましょう。


【歌ってみた】英語授業で使える替え歌・洋楽・チャンツまとめ
英語授業と歌の相性は抜群!子どもの意欲アップ学力アップにつながります。授業ですぐに使える替え歌、洋楽、チャンツなど、英語授業ですぐに使える歌に関する実践をまとめました。


【厳選】英語授業ペアワークの基本と、オススメのワーク4選
英語の授業にペアワークは欠かせません。ペアワークを上手に使って、コミュニケーション能力を楽しく効果的に育むことを目指します。誰でもできる、簡単で効果的なペアワークも4つ紹介しています。

【中級】英語教育を効果的にする授業の流れを考える

ここからは中級編。ここでの目標は、効果的な学びを生み出す授業の流れを考えること。


授業の流れを考えることで、入門編で学んだネタを、どのような場面で使っていけばよいかがわかります。


授業の流れを考える上で、特に重要なポイントである「めあて・指導目標」と「振り返り」を意識しながら読んでみてください。


【完全公開】英語授業の流れ・進め方、全3パターン
「授業の進め方が定まらない」「いまいち教科書の使い方がわからない」このような悩みを抱える英語の先生に向けて、担当したクラスが、模試で全員が偏差値50以上、市でダントツ1位の成績を獲得した授業パターンを完全公開します。授業が上手くなりたい人、必見です。


授業で「めあて・指導目標」を設定する大切さと、その方法
授業で「めあて・指導目標」を設定することは、授業づくりの大前提です。授業で目標がなぜ大事か?どうやって設定すればよいのか?詳しく解説しました。


【簡単】授業に振り返りを取り入れよう!驚きの効果とその方法
授業に「振り返り」を取り入れるだけ!たったそれだけで、子どもたちの成績が大幅アップ!なんてことも起こっちゃう。「振り返り」は強力です。振り返りの方法についても解説しています。


【実例あり】英語授業のノートの取り方(超簡単!成績アップ!)
「①目標→②本時の内容→③振り返り」というとってもシンプルなノートの取り方をご紹介。プリントとの棲み分けは?など、授業作りで悩みがちな点についても答えています。実際に子どもが取ったノートも掲載しています。

【上級】英語教育の根本的な考え方を身につける

上級編では「英語教育」をそもそもどのように捉えるか?という深いテーマを考えます。


超重要ですし、英語教育に携わる人なら絶対に知っておいてほしいことなのですが、残念ながら記事のアクセス数を見ても、ここまで考える人は少ないことがわかります。


逆に言うと、「上級編」の考え方を身につければ、それだけで他とは圧倒的な差をつけられるということでもあります。


大袈裟ではなく、それくらい重要な話ですし、あなたの授業を変える力のある話です。



✔︎ オールイングリッシュを理解する

オールイングリッシュ無理?誰でもできる5つの工夫
「オールイングリッシュって日本語を一切使っちゃいけないの?」「私英語話すの苦手なんだけど」そんな、英語の先生でも簡単にできちゃうオールイングリッシュの5つの工夫を紹介。オールイングリッシュという考え方を通して、子どもがたくさん英語を使う授業を目指します。


【体験談あり】GDM英語教授法ってどう?学校で使える?デメリットは?
GDMは70年以上の歴史をもつ英語の指導法。体感を通して子どもの能動的な学びをつくりだし、100%オールイングリッシュで指導することができます。実際に中学校で取り入れた体験も踏まえ、メリット・デメリットもお伝えします。

✔︎ コミュニケーション活動を理解する

英語教育はコミュニケーションを意識するだけで変わります、絶対!
英語教育でコミュニケーションが大事だと知っているが、どうすればよいかわからないと感じませんか?この記事では、コミュニケーションの大切さ、授業で使えるコミュニケーションの2つの分類、実際の活動例まで解説。コミュニケーションの考え方を知り、授業を根本的に変えたい人は必見です!


場面設定の大切さを語ろうじゃないか!
“Do you like sushi?”はどんな場面で使う表現か?この発想が、あなたの英語授業を大きく飛躍させます。「使える英語」「実践的な英語」を身に付けさせるために、必須の考え方である「場面設定」について書きました。