玄米をクックフォーミーで炊いてみた【写真でわかる】

自炊

\この記事を読むメリット/

「クックフォーミーのレシピがわかりづらい」
「完成までの目安時間がわからない」
「失敗しないためのポイントは?」
そんなあなたのために、写真つきで「玄米」の炊き方をわかりやすく解説。
この記事を読みながらつくると失敗しません。

ゆるい
ゆるい

記事に出会っていただき、心より感謝いたします。
妻の妊娠をきっかけに本格的に家事修行をスタートした、あつくてゆるい(@atsukuteyurui)と申します。
忙しい毎日でも、ムリなくできる効率的な家事を研究中!そのコツをお伝えしていきます。

あつい
あつい

この記事は、社食の献立づくり〜調理を毎日担当している、管理栄養士が監修。
実際に作ってみて、よりおいしく作るポイントもお伝えしていきます。


↓「玄米」をクックフォーミーで炊いた結論はこちら

「玄米」まとめ

✔︎ 時間:吸水60分、炊飯20分、蒸らし15分(合計 1時間35分〜)

米を研いでセットしたら、あとは放っておくだけ。硬すぎず、やわらかすぎず、上手に炊けます!

\料理時間を音楽でもっと楽しく/

【期間限定1/10まで】Amazonの音楽聴き放題サービス、Amazon Music Unlimited3ヶ月無料キャンペーン実施中。新規会員登録の方は、月額980円1×3ヶ月=2,940円→0円(&500ポイントもらえる)。芸術の秋。このチャンスに、まだ聴いたことのない音楽に出会ってみませんか?
»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月無料で試してみる
スポンサーリンク

玄米をクックフォーミーで炊いてみた【写真でわかる】

クックフォーミーで炊く「玄米」レシピ

✔︎ 調理手順

  1. 炊きたい分量、玄米を研ぐ。
  2. Cook4meに鍋をセットし、「材料」»「米」»「玄米」から炊飯する。
  3. 60分吸水、20分炊飯の後、15分蒸らしたら完成。

炊きたい分量、玄米を研ぎます。

ゆるい
ゆるい

お米をスーパーで買うのって重いし、面倒くさいですよね?
わが家は、Amazonでこちらの玄米を2ヶ月に1度定期購入しています。
定期購入だと10%オフになるのもうれしいですね。

Happy Belly (ハッピーベリー)
¥2,589 (2021/11/23 09:57時点 | Amazon調べ)

今回は3合炊きますので「玄米」の目盛りで3合分。

クックフォーミー本体の画面から「材料」»「米」»「玄米」という順で選択していきます。

「米」を選択

「玄米」を選択

今回は3合炊くので、3合に設定。

「レシピを開始しますか?」で「はい」を選択します。

「炊飯する前に60分吸水してください」との指示が。玄米をおいしく炊きたければ、

調理時間は20分のままでOK。
すでに吸水している場合は「すぐにスタート」から炊飯をスタートします。

今回は吸水時間をプラスして予約調理していきます。まずは現在時刻を設定して…

吸水時間60分+調理時間20分(合計1時間20分)を少なくともプラスした時間を、調理終了時間に設定。(このときはやや余裕をもって時間設定しました)

これで準備は完了。あとは放っておくだけです。

時間が来たら自動で圧力調理が始まります。

圧力調理が終了したら「15分保温し、召し上がれ!」との表示が。

15分後、蓋をあけるとこんな感じ。

硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうどいい具合に炊きあがります。

お茶碗に盛り付けて、召し上がれ!

あつい
あつい

玄米独特の風味と粒感がおいしく、白米よりも食べごたえがあります。
ただし、白米ほど消化がよくはないので、胃腸が弱っている人や子ども、お年寄りには向かないかもしれません。
白米だとついよく噛まずに食べすぎてしまう人は、玄米にすることで食べ過ぎ防止が期待できますね。くわえて、白米にはないビタミン類が補給できるのもポイントが高いです。

白米と玄米、それぞれ常備しておくと、体調やおかずにあわせて選べるのでオススメです!


玄米は通販が便利でおすすめです!わが家はこちらを定期購入しています。

Happy Belly (ハッピーベリー)
¥2,589 (2021/11/23 09:57時点 | Amazon調べ)
「玄米」まとめ

✔︎ 時間:吸水60分、炊飯20分、蒸らし15分(合計 1時間35分〜)

米を研いでセットしたら、あとは放っておくだけ。硬すぎず、やわらかすぎず、上手に炊けます!

ゆるい
ゆるい

最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事がみなさまのお役に立てることを願っています。

【あわせて読みたい】クックフォーミーのレシピを「おいしい」「“時短”&”簡単”」「材料別」etc. でまとめました。


料理がめんどくさいけれども、美味しいモノを食べたい人へ。“超ロジカル”な料理への向き合い方を紹介しています。こちらの記事もぜひあわせてお読みください!