英語論文を翻訳する2ステップ【無料・PDFもOK】

仕事効率化

・英語論文をたくさん読まないといけないけれども、英語が苦手…

・翻訳ソフトが出てるのは知ってるけど、文字データになってない論文も多いから、困っている…


この記事ではこのような悩みに答えるために、文字データになっていないPDFの論文や、紙の書籍なんかも、カンタンに翻訳できる方法を紹介!


無料で、超絶便利な方法です。


筆者(@atsukuteyurui)は英語は得意な方ですが、このやり方がなければ、何十倍も時間がかかっているだろうと感じます。


研究者必見!Googleドライブ&DeepLを使って、簡単に英語論文を翻訳する2ステップをどうぞ!

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

超簡単!英語論文を翻訳する2ステップ【Googleドライブ&DeepL】

英語論文を翻訳する超簡単2ステップ

ステップ1 Googleドライブで論文をテキストデータにする

ステップ2 DeepLで翻訳する

Google Driveで論文をテキストデータ化する

すでにPDFファイルなどのテキストがコピーできる状態(OCR処理がされている状態)の場合は、このステップは省略できます。

【準備】Googleアカウントを取得する。(無料)

このやり方は、Googleドライブという、Googleのクラウドサービス(無料)を使用します。


Google アカウントの右上「アカウントを作成する」から、Googleアカウントを事前に登録しておきます。

① Google ドライブを開く

Google ドライブから、「ドライブに移動」をクリックしてドライブを開きます。


② ファイルをドライブに入れる

Googleドライブを開いたら、そこに翻訳したいファイルをアップロードします。

ファイルの形式は、JPEG、PNG、GIF、PDFが対応しています。


紙の本や論文も事前にスキャンして画像ファイルにしておくと、この方法が使えます!

画質が低いと精度が下がります。うまくいかない場合は、画質を調整してみてください。

複数ページも対応していますが、最初は単一のページで、どんな感じになるか試してみるとよいと思います。

③ 右クリックでGoogleドキュメントで開く

ファイルがアップロードされたら、「ファイルを右クリック→アプリで開く→Googleドキュメントをクリック」します。


すると、Googleドキュメントが立ち上がり、画像ファイルの文章が文字起こしされます。

④ 読み取ったテキストファイルを修正する

読み取ったファイルは、間違いが含まれる場合があるので、チェックして修正します。

・図がある場合や、日本語でふりがながある場合などは、読み取りはできますが、段落の順番がごちゃごちゃになることがあります。

・文字の読み取り間違いは多少は起こるので、完璧を求める場合はチェックが必要です。


論文の形式がシンプルであれば、ほぼ正確に読み取ってくれるでしょう。


編集したドキュメントファイルは、Googleドライブから、お好みの形式でダウンロードもできます。

ゆるい
ゆるい

英語論文の翻訳だけでなく、日本語の書籍から引用するための文字起こしにも、この機能を使っています!

DeepLを使ってテキストを翻訳する

テキストデータになったら、あとはDeepLを使って翻訳するだけです。

DeepL翻訳は、最先端のニューラルネットワーク技術を駆使して開発された、超高性能な機械翻訳システムです。 英語、日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、中国語に対応しています。(2020年10月20日現在)


DeepLを使ってみたらわかりますが、めちゃめちゃ自然な日本語になり、精度が高いので超オススメです。


しかもディープラーニングを活用しているので、この1年くらいでも精度がどんどん上がっているのを実感します。



↓サイトを開くとこんな感じです。

あとは、テキストをDeepLにコピーしたら、数秒で翻訳してくれます。(無料版だと1回5000文字まで。何回でも使える。)

DeepLはオンラインで登録もなく利用できますが、パソコンにアプリケーションをインストールするのがオススメです。


翻訳したいところを選択して、ショートカットキー(Windows:Ctrl+C×2回/ Mac:Command+C×2回)を押せば翻訳してくれます。


コピー&ペーストがいらないので超便利です!

このやり方で精度は大丈夫なのか?

めちゃめちゃ便利そうだけど、本当にこれで100パーセント完璧に翻訳できるのだろうか?

結論から言うと、これだけで100%完璧な翻訳にはなりません。


なぜなら、Googleドライブのテキスト化も、DeepLの翻訳も現時点では完璧とまではいかないからです。

DeepLは特に長い文章だと、部分的にまるっと翻訳できていないケースもあるので注意が必要

※以前よりは精度は上がっている印象


ただ、個人的な意見なのですが、論文って一字一句読む必要ってほとんどないと感じています。


そして、ざっくりとどんなことが書いてあるのか、全体像を理解するには、このやり方で十分です。


しかも、100%完璧ではないですが、95%くらいの精度でこれでいけます。


特に重要なところや、自分の論文に使いたいところだけ、じっくり精読するというやり方がオススメです!

ゆるい
ゆるい

英語論文を翻訳する超簡単2ステップ

ステップ1 Google Driveで論文をテキストデータにする

ステップ2 DeepLで翻訳する

超絶捗りますので、是非ともお試しください!