自己啓発等休業したらできるステキなこと4選 (+関連記事まとめ)

自己啓発等休業

あぁ〜どうしよう…
先生の仕事このまま続けるべきなんだろうか…

けど教師のセカンドキャリア考えるのも難しいし


こんな感じでモヤモヤしているあなた!


「自己啓発等休業制度」をご存知でしょうか?


公立学校の先生は「自己啓発等休業制度」を使えば、公務員のまま2年間休職できちゃうんです!


モヤモヤしたまま働き続けるくらいならいっそのこと2年間休職してみるのはどうでしょう?


筆者は2019年4月からこの制度を利用して休職、大学院に進学しましたが…


「休職してよかった!」と心の底から思います。やりたいことを自由にやれてるし、自分の世界がドンドン広がっているのを実感しています。


そして、

自分がこれからどんな風に生きていこうか?

自分が大切にしたいことってなんなんだろう?

などと、自分自身を見つめ直すとってもいい機会になっていると感じます。




この記事は、


先生の仕事にどこかモヤモヤしている人に「自己啓発等休業」という選択肢があることを知ってもらいたい!


という思いで書いていきます。

※0円で外へ世界を広げてみる

教師の仕事にちょっとでもモヤモヤしているなら、転職エージェントへとりあえず登録してみて、外の世界を見てみるのもよいかもです。どんな転職先があるかを知ることで、視野が広がり、自分自身のキャリアを見つめ直すきっかけになります。

私が実際に登録している大手サイトのうち、一番たくさんの求人を紹介してくれるのがDODAです。無料ですし、転職を強制されることはありませんので、登録するのもありです。(職場バレは一切ありません)

»DODA転職エージェント無料登録はこちら



↓「自己啓発等休業」関連記事

○もっと知りたい

【実録】自己啓発等休業の取得までの流れ

【衝撃】自己啓発等休業中のリアルなお金事情

【解説】自己啓発等休業中にアルバイトをするための3つのステップ

○体験記

【体験談】教師の転職活動、始めて1週間で気づいた3つのこと

○考えたこと

「教員」を9ヶ月休職したんだけど、復職しようか迷っている話

○その他
もしかして職場の人間関係で悩んでいませんか?私が「自己啓発等休業」を考えた理由の1つ、「教師同士のパワハラ」についても書いています。

【体験談】教師同士のパワハラ・いじめが苦しい人へ、私はどう対処したか

保護者からのクレームに悩んでいる人へ。「授業へのクレーム」をテーマにしていますが、その他のクレームにもきっと役立つ内容です。

【体験談】保護者から授業へのクレームが苦しい人へ、5つの対策法

生徒や保護者との関係がどうもうまくいかない、指導がうまくいかない、周りの先生が何かおかしいと悩んでいませんか?以下の記事では、学校教育の根本的な問題点について書きました。

教員の根本的な問題3つ(なぜあなたの指導はうまくいかないか?)

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

自己啓発等休業制度って?


「そもそも自己啓発等休業ってなんなん?」って人のために簡単に制度について解説します。


自己啓発等休業について、こちらの人事院のページに以下のように書いてあります。

大学等における修学や国際貢献活動を希望する常勤の職員に対し、職員としての身分を保有したまま職務に従事しないことを認める休業制度

https://www.jinji.go.jp/jikokeihatu/jikokeihatugaiyou.pdf



また、その期間は2〜3年です。(大学院の場合は基本2年)


つまり、自己啓発等休業をざっくり言うならば…

大学院や国際貢献活動のためなら、公務員の身分のまま2〜3年休んでもいいよ


という制度のこと。


私は大学院進学のために、現時点で2年間の休業が認可されています。


4月から休業を始めて早6ヶ月目に入っていますが…「自己啓発等休業」今のところめっちゃいいです!


その魅力について、次から語っていきたいと思います。




↓教員おたすけ&ストレス発散、Amazonプライム活用術

自己啓発等休業したらできるステキなこと4選

1.思う存分勉強できる


自己啓発等休業したらできるステキなこと1つ目…


思う存分勉強や研究ができる!


勉強や研究が好きな人、思う存分勉強したい人には大変オススメです。





ちなみに私は今、教育哲学やオルタナティヴ教育関連の研究をしています。

教授と一緒に一冊の哲学書をじっくり読んだり…

学会に出かけていろんな人の話と出会ったり…

実際にオルタナティヴスクールの見学に行ったり…

本も買い放題なので、好きな本を買ってもらって読み漁ったり…

集中講義で一週間朝から晩までヒーヒー言いながら哲学討論したり…


なかなかハードなことも少なくないですが、学ぶ上でとっても恵まれた環境で過ごさせていただいています。


環境はあって、あとはこちらがどれだけやるかが勝負。





先生の仕事をしていると、なかなか落ち着いて勉強や研究する時間をとれませんよね。


自己啓発等休業を取得すれば、そんな悩みは間違いなく解消されますよ!

自己啓発等休業したらできるステキなこと
思う存分勉強できる

2.家族のために時間を使いやすくなる


自己啓発等休業したらできるステキなこと2つ目…


家族のために時間を使いやすくなる!


休職してみて強く気付かされたのが、先生の仕事をしているとつい家族を犠牲にしてしまっていたという事実。




そりゃ昔からワークライフバランスみたいな話題は知っていましたよ。「家族を大事にしないと」ということも頭ではわかっていました。


けど現実は…

✔︎ 体力的にも精神的にもしんどいことが多く、土日はぐったり。

✔︎そうでないときは勉強会出ているか、授業準備をしているか。

✔︎家事をするのが「つい面倒」と感じてしまっていたり…


その点、今は時間にゆとりがあるので家族のために時間が使いやすくなりました

自己啓発等休業したらできるステキなこと②
家族のために時間を使いやすくなる


↓家族に愛されるAmazonプライム活用術

3.自分を見つめ直せる


自己啓発等休業したらできるステキなこと3つ目…


自分をゆっくり見つめ直すことができる!


新たな環境だからこそわかること、新たな環境じゃなければ気付かないことがたくさんあります。




例えば実は一番感じたことは「先生の仕事楽しかったなぁ〜」ってことだったり!!


現場にいたらつい、

「今の環境はこんなに恵まれていないぃぃぃ」

「ブラックぅぅぅぅ」

「やめたぃぃぃぃ」


とか、そんなことばかり感じたり考えたりしますよね。



けど、いざ現場を離れてみると、

「授業したいなぁ」

「子どもたちに会いたいなぁ」

「学校楽しかったなぁ」


みたいに、学校に対する捉え方が全然変わっちゃったりします。


自分の大事にしている価値観や考え方に、現場を離れてみて初めて気付けるのです。





あと、金銭面については別記事で書いていますが、毎月給料が入ることのありがたみを実感したり!


書き出すとキリがないですが、ゆっくり自分を見つめ直す機会としても、自己啓発等休業はオススメです!

自己啓発等休業したらできるステキなこと③
自分を見つめ直せる

4.キャリアを模索できる


自己啓発等休業したらできるステキなこと4つ目…


キャリアを模索できる!


自己啓発等休業中はまずは勉強が大事ですけど、それ以外は割と自由度が高いです!



例えば「兼業」という形でアルバイトをすることも可能です。

所轄庁の長の許可を受けて兼業する(アルバイト)することが可能です。ただし、大学等における修学や国際貢献活動の時間を割いたり、悪影響を与えるなど、自己啓発等休業の趣旨及び目的に反するおそれがある場合はできません。また、アルバイト先から得る報酬の額が、生活費、学費等のために必要と考えられる範囲を超えることはできません。

https://www.jinji.go.jp/jikokeihatu/panfu.pdf


私も、とある教育系NPOにて週3回程度お仕事をしています。


こうやってブログを書いたりするのもキャリア模索の1つの形だったり。


最近では学校外の学び(社会教育)に携わっていきたいという気持ちが強くなっています。


もちろん、あまり大きな声では言えませんが、転職活動をすることも可能でしょう。


↓転職活動を始めて1週間の感想


一般的に教師のセカンドキャリアは難しいと言われています。


しかし自己啓発等休業をとれば「学校現場に戻る」という選択肢を残しつつ、いろんなチャレンジができます。


その中でセカンドキャリアを模索することは十分可能なのでは?と私は感じます。




もちろんいろいろと模索した結果、学校の先生に戻るというのもありだと思います。


それも含め、いろいろとチャレンジしてみるということがまず大事なのではないのでしょうか?

自己啓発等休業したらできるステキなこと④
キャリアを模索できる

視野を広げるのに、転職先をたくさん紹介してくれる転職エージェントが自分の場合DODAです。

»DODA転職エージェント無料登録はこちら

「自己啓発等休業」関連記事のまとめ

あつい
あつい

ここからは「自己啓発等休業についてもっと知りたい!」という人のための、関連記事の紹介です。

自己啓発等休業を取得するにはどんな手続きがあるの?
この記事では自己啓発等休業を取得するまでにどのような手続きがあったかについて、体験談ベースでまとめています。結論から言うと、手続き自体はそんなに大変でありません。自己啓発等休業を取得したければ、同年度の5月頃までには動き出すのがオススメです。

自己啓発等休業中のお金のやりくりはどうしてるの?
自己啓発等休業で公務員のまま自由を手に入れることができます。けど代わりに失うもの…それは「お金」です。
この記事では私の懐事情を、かなり赤裸々に書いています。

自己啓発等休業中にアルバイトをするにはどうすればいいの?
自己啓発等休業中にアルバイトをすることは可能です!ただし、公務員という立場上、いくつかの条件があります。この記事では、アルバイトをするための実際の手続きについて解説しています。

休職を検討する理由に、職場の人間関係はありませんか?
私が自己啓発等休業を取ろうと思った理由・目的は1つではありません。
しかし「職場でのパワハラに疲れたから」というのは、大きな要因の1つです。
この記事では、私が職場でのパワハラにどう向き合ったかについて書いています。

休職を検討する理由に、保護者からのクレームはありませんか?
教師を悩ませる、保護者からのクレーム…。保護者との関係をどう築くかは教員生活を大きく左右します。この記事では、私が保護者からのクレーム(特に授業へのクレーム)にどう向き合っているかについて書いています。

休職を検討する理由に、指導がうまくいかないという悩みはありませんか?
子どもとの関係がうまくいかない、保護者との関係がうまくいかない、他の先生が何かおかしい「学校の教員という仕事」そのものに疑問を抱えている人へ。「教育」について1から見つめ直せるよう書きました。

その他自己啓発等休業中に考えたこと・体験談

おわりに

この記事は、自己啓発等休業とその魅力について知るというゴールに向かって書いてきましたが、自己啓発等休業についてご理解いただけたでしょうか?

私の性格的な部分もありますが、


モヤモヤして文句言いながら働き続けるくらいなら思い切って休職するのもありかも?


と思います。


給料面など確かにデメリットはゼロではないですけど。アルバイトもできるわけですし、私の場合は授業料免除も受けることができています。


デメリットを上回るメリットを私は感じています!


ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです^^


↓モヤモヤしている先生向けの、Amazonプライム活用術