【英語授業】場面設定の大切さを語ろうじゃないか!

英語教育
あつい
あつい

元中学英語教員のあついです。
この記事では、
英語の授業で、表現を使用する「場面」を設定することの大切さ
について書いています。

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

表現を使用する「場面」とは何か?

突然ですが、あなたは以下の質問にどのように答えますか?

Do you like sushi?


この質問への一般的な答え方として、以下のように指導することが多いと思います。

Do you like sushi?
ーYes, I do. / No, I don’t.


これに加えて、ちょっと気の利いた先生なら、こんな指導をするでしょう。

“Yes”と答える時は、どんな寿司が好きか、
“No”と答える時も、理由や他の好きなことなど一文付け加えましょう


みたいな。


つまり

Yes, I do. I like tuna very much.

No, I don’t. But I like tempura and sukiyaki.


こういうのが模範的な答え方だという指導です。


けど、これって本当に正解なのでしょうか?





この「”Do you like sushi?”になんと答える?」という問い、実際に子どもに出したことがあります。


すると、子どもたちは見事なくらい、先のお手本のように答えました。


けれども、この問いかけのあとに、私は以下のように場面を付け加えたのです。

言いそびれていたけど、

駅前を歩いていたら、めちゃめちゃ怖そうでいかにも怪しいお兄さんが近づいてきて「ねぇねぇ、そこのキミ、お寿司は好きかい?」と声をかけられた

という場面なんだよね。


この場面を伝えると、子どもたち一同「えーーーーーー!」「聞いてないよーーー!」と大ブーイング。


それもそのはず、怪しいお兄さんが近づいてきて、”Do you like sushi?”とたずねられ、


“Yes, I do. I like tuna very much.”


とか、


“No, I don’t. But I like tempura and sukiyaki.


みたいな答えをするのが普通は「正解」とはならず、むしろ「不正解」なわけです。


仮に模範解答があるとしたら、「無視して逃げる」とか「No!と言って立ち去る」とかになるわけなんです。


このような会話は、ある程度細かい「場面※」が設定されない限り、「こう表現するのが良い」ということなんて、本来わかりようがないはずなのです。
(※例えば、相手との関係性、場所、時間 etc.)


つまり、場面がわかって初めて、使用する表現が決まるわけです。




逆に言うと、

英語の授業において、何か表現を教えたければ、その表現が使われる場面とセットで!

という原則が見えてきます。


したがって、1つ1つの表現が「どんな場面で使用されるんだろう?」という問いを、英語教師は常に持たねばなりません。


そうでないと、極端な話、”Do you like sushi?”という質問に対して、”Yes, I do.”か”No, I don’t.”と機械的に答えることしかできない、「使えない英語」を教えることになってしまうのです。

「場面設定」のない授業と「場面設定」のある授業

残念ながら、日本の教室では「場面設定」を完全に無視した授業が多いと感じます。


例えば、先の”Do you like sushi?”という表現を学ぶ際も以下のような授業をやりがちです。

①”Do you like 〇〇?”の〇〇の部分を変化させて練習させる。また、答え方として”Yes, I do. / No, I don’t.”を教え、一文付け加えられるとなお良いと指導する。

②「コミュニケーション活動」と称して、子どもに教室内を歩かせ、子ども同士質問をさせ合う。
“Do you like sushi?ーYes, I do. I like tuna very much.”
みたいな会話が成立すれば会話成功で、子ども同士でワークシートか何かにサインをさせ合う。


もう、こういう授業は学校あるあるだと思うんですけど、これが「場面設定」のない授業の典型です。


タチが悪いのが、これをあくまでも「パターンプラクティス」と呼ばれるような反復練習として位置付けているならまだいいんです。


けど、これを「コミュニケーション活動」と称してしまうとかなり問題があると思います。



では「場面」を意識するとどうなるか?


そもそも“Do you like 〇〇?”という表現はどんな「場面」で使うのでしょうか?


自分ならパッと思いつくのは「誘う」という場面です。


つまり、

A: お寿司好き?

B:うん、好きだよ。なんで?

A:おぉよかった。昨日からめちゃめちゃお寿司の口になってて、今夜あたり行きたいなぁと思ってたんだけど、よかったら一緒にどう?


みたいな感じの場面です。


あとは、「共通点を探す」という場面も思いつきます。

A: 音楽好き?

B:うん好きだよ。

A:音楽好きなんだね。何聞くの?

B:ARASHIがめっちゃ好きだよ。

A:えーマジか!私もARASHI超好きなんだけど。


みたいな場面です。


「ニノが好き?」「ニノも好きだけど、櫻井くんの方が好き」みたいな感じでどんどん話が広がって行きそうな感じもしますよね。





他にもいろんな場面あるとは思うんですけど、“Do you like〇〇?”を習うのって大抵英語学び始めてすぐの頃じゃないですか。


なので、できるだけ学習者にとって身近な場面を設定するのが大事だと考えます。


このような視点から、例えば次のような「場面設定」をしたコミュニケーション活動が考えられそうです。

場面:今日は新学期初日、朝登校すると会ったことのない転入生があなたの隣の席に座っています。あなたはその転入生と仲良くなりたいと思います。また、その転入生も早くみんなと仲良くなりたいと思っています。

・お互いの好きなことをたずね合うことで、共通点を見つけて仲良くなる。

・仲良くなるために相手を遊びに誘ってみる。(ex:カラオケやボーリングなど)
※学校ではカラオケ・ボーリングとかが禁止されてるケースもあるので注意が必要だが、要は”Do you like karaoke? Do you like bowling?”みたいな会話の切り出しから、そこに一緒に行こうと誘うことがねらい。


どうでしょうか?


こうやって「場面設定」をするだけで、ただの“Do you like 〇〇?”という表現が、途端に生き生きしてくるように感じませんか?


また、授業の受け手側としてもどうでしょうか?


「なんか面白そう!」ってワクワクするような気持ちになりそうじゃないですか?




このように、表現を使用する「場面設定」をすることで、間違いなく授業は変わります。


そして生徒が身に付ける英語は間違いなく以前より実践的で、使えるものになっていくでしょう。

英語教育完全ガイド
↓↓↓↓↓↓