【センスがないと思う人へ】『センスは知識から始まる』要約・まとめ・感想

ビジネス

\この記事を読むメリット/

「自分はどうせセンスがない…」
「もっとセンスを身につけたい!」
そんなあなたにオススメな書籍『センスは知識から始まる』を、他サイトよりもくわしく・わかりやすく要約。この記事を読むだけで、本のエッセンスがすべてわかります。

今回読んでいくのは『センスは知識から始まる』という本です。

Audible
¥2,500 (2022/07/30 08:07時点 | Amazon調べ)

著者:水野 学
発行年:2014年
出版社:朝日新聞出版

壊滅的にセンスがない!!とお嘆きのあなたに朗報です。「センスは知識にすぎない。知識を蓄積しさえすれば、誰だってセンスあるアウトプットはできる」と著者は断言します。

「くまモン」のアートディレクターが熱く語る、センスの身につけ方。この記事を読むだけで、そのエッセンスがわかります。

ゆるい
ゆるい

この記事に出会っていただき、心より感謝いたします。
執筆者のあつくてゆるい(@atsukuteyurui)と申します。
読んでくださった方にご満足いただけるよう、わかりやすく書くことを心がけています!
しかし、もし難しいところや、質問などあればお問い合わせからお気軽にご連絡ください。精一杯対応させていただきます。


なお『センスは知識から始まる』は“聴く読書”Audible(オーディブル)で聴き放題で聴けます。
※オーディオブックで読まれる方の備忘録としても、本記事をぜひご活用ください。


【期間限定・12/26まで】オーディブルは2ヶ月間無料+Amazonポイント100ptキャンペーン実施中!(3,000円→0円)“聴く読書”は今の生活はそのままに、読書時間を生み出します。自信を持ってオススメします。
※12万冊超の聴き放題のラインナップはかなり豪華。絶対に聞きたい本が見つかるはずです!

\『センスは知識から始まる』も“聴き放題”/

✔︎ “聴く読書”Amazon Audible
【期間限定】2ヶ月間無料キャンペーン中
✔︎ 12万以上の作品が聴き放題
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

オーディブル(テキスト)
【期間限定12/26まで】Amazonの聴く読書、Audible(オーディブル)こちらのAmazonリンクから新規会員登録すると2ヶ月無料(3,000円→0円)Amazonポイント100ポイント(100円分)
忙しい毎日でも、あなたもきっと読書ができる。12万タイトル超の聴き放題ラインナップはかなり豪華。運動や家事しながらの“ながら読書”で時間を有効活用&読書量を圧倒的に増やせます。複数端末での同時再生(1契約で家族利用)もOK。今日が人生で一番若い日。以下リンクから“無理ない読書習慣”への一歩を踏み出してみられませんか。
»Audibleを今すぐ2ヶ月無料体験(+100ポイントもらう)

【センスがないと思う人へ】『センスは知識から始まる』要約・まとめ・感想

著者紹介

水野 学
good design company代表取締役。クリエイティブディレクター・クリエイティブコンサルタント。1972年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、2社を経た後に独立。主な仕事に相鉄グループ、熊本県「くまモン」、Oisix、久原本家「茅乃舎」など。

センスは生まれつきのものではない、センスとは知識である

センスは生まれついての才能ではない。センスとは知識である!
センスのよいアウトプット作りは、方法を知り、やるべきことをやり、必要な時間をかければ誰にでもできる!

この本のメッセージは、ずばりこれだけと言っても過言ではないでしょう。

著者は「センス=数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化する能力」であると定義します。

たとえば、ファッションセンスとよく言いますが、“おしゃれ”って数値化できないですよね?しかし「こちらの方がよりおしゃれである(より良い)」というものは確かに存在します。

この“おしゃれ”のように数値化できないものを、よりよい状態へと変化・最適化する能力がセンスだというわけです。

加えて、“なんとなく”“感覚的に”ではなく、確かな知識・根拠をもって最適化しようよ(知識があれば誰でもセンスある解を導けるよ)というのが、著者のいう「センスとは知識である」の意味するところです。

センスとは、数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化する能力のこと。センスは生まれつきの才能ではなく、知識によってだれでも身につけることができる。

Audible
¥2,500 (2022/07/30 08:07時点 | Amazon調べ)

✔︎ “聴く読書”Amazon Audible
【期間限定】2ヶ月間無料キャンペーン中
✔︎ 12万以上の作品が聴き放題
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

“過去の蓄積=知識”を知り、半歩先の未来を描こう

Part 3の冒頭で、センスがよくなりたければ「普通」を知ろうと著者はいいます。ここで普通とはいわゆる“教科書的なもの”だと私は理解しました。

また、ここでは他にもいくつかのキーワードが出てくるのですが、以下は大体同じような意味で使われていると思ってよいでしょう。

普通(教科書的なもの)≒ 知識 ≒ 過去の蓄積 ≒ あっと驚かないもの


「センスあるもの=あっと驚くまったく新しいひらめき」みたいに思いがちですよね?

けれども、全くそんなことはありません。センスとは「知識」の集積、つまりは「普通のもの=過去の蓄積=驚かないもの」の集積にすぎないのです。

「ひらめきを待たずに、知識を蓄えよ」と著者は言います。知識があればある分だけ、クリエイティブの土壌は広がり、可能性を広げることができるのです。

たとえば「あっと驚く売れる企画」を考えたければ、「誰でもみたことがあるもの」「あまり驚かれないけれど売れる企画」についての知識をまず蓄えましょう。

イノベーションは知識と知識のかけ合わせ。自分のなかの“引き出し”として蓄えた知識を、組み合わせていくのです。

また、イノベーションはあまりに大きな飛躍じゃなくてもOKです。ハイブリッドカー、LED電球、LINEなど、ヒット商品はだれもが知っているものの延長線上にあります。

過去をまず知りましょう。そして、その延長線上にある半歩先の未来を予測するイメージで「ありそうでなかったもの」を描き出しましょう。

センスとは「知識」の集積にすぎない。ひらめきを待たずに、知識を蓄えよ。知識(過去)を知り、半歩先の未来を予測せよ。

Audible
¥2,500 (2022/07/30 08:07時点 | Amazon調べ)

✔︎ “聴く読書”Amazon Audible
【期間限定】2ヶ月間無料キャンペーン中
✔︎ 12万以上の作品が聴き放題
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

センスある仕事をするには、“王道”と“流行”にある共通項を読み解こう

著者によると、センス向上のために必要な「知識」とは、ありとあらゆる知識であると言います。しかし、現実問題「ありとあらゆる知識を身につけよ!と言われたところで困っちゃうよ…」というのも本音なのではないでしょうか。

そこでPart 4では、効率よく知識を増やす(センスを高める)3つのコツについて語られます。

効率よく知識を増やす3つのコツ

ステップ1:“王道”を知る
王道が王道たりえる根拠を考える。そのプロセスで、センスを高めるための知識がたくさん手に入る。

ステップ2:“流行”を知る
流行は一過性のものであることが多いが、王道とあわせて知ることで知識の幅が一気に広がる。雑誌から流行の流れを学ぼう。

ステップ3:“王道”と“流行”に、共通項や一定のルールがないか考える
ここで様々な分析や解釈を行うことで、自分なりの知識へと精製・血肉化していく。

この3ステップで得られる知識はかなり具体的。例えば、入りやすいお店(繁盛するお店)を作るためには、

  • 床が暗い色
  • 入り口が高すぎない
  • 雑貨店はごちゃごちゃした店内の方がよい

などの共通ルールが導き出されるそう。そして、仕事上で実際にこうして培った知識(センス)を使って、選択・決断していくのです。

「ボクの感覚では…」「かわいいから」「かっこいいから」という曖昧な理由はNG。センスが知識である以上、言葉で説明できないアウトプットなどあり得ません。

「売れるアウトプットを論理的に考えていく」「知識を重ね合わせてつくっていくと、正しい答えに辿り着ける」というのが、天才でなくても誰もが身につけられる、売れる物づくりのヒントなんだそう。

このように知識を身につけ、センスを磨いていくにはやはり勉強し続けることが欠かせません。

自分という枠組みを決めているのは自分自身。自分の枠を外し、子どものような知的好奇心をもって、いろんなものを吸収していく必要があるのです。

効率よく知識を増やすには、“王道”と“流行”を知り、それらに通底するルールを導き出そう。知識を根拠に、論理的に売れるアウトプットを考えよう。

Audible
¥2,500 (2022/07/30 08:07時点 | Amazon調べ)

✔︎ “聴く読書”Amazon Audible
【期間限定】2ヶ月間無料キャンペーン中
✔︎ 12万以上の作品が聴き放題
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

まとめ

この記事では『センスは知識から始まる』を要約してきました。ポイントをまとめると次の通り。

『センスは知識から始まる』まとめ

・センスとは、数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化する能力のこと。センスは生まれつきの才能ではなく、知識によってだれでも身につけることができる。

・センスとは「知識」の集積にすぎない。ひらめきを待たずに、知識を蓄えよ。知識(過去)を知り、半歩先の未来を予測せよ。

・効率よく知識を増やすには、“王道”と“流行”を知り、それらに通底するルールを導き出そう。知識を根拠に、論理的に売れるアウトプットを考えよう。


さて、最後にこの本を理解する上で、参考になったアマゾンレビューを紹介します。

著者は、きっと、怒っているのでしょう
私の勝手な想像では、著者が本書を書いた動機は「怒り」です。「俺(著者)の業績を、あんたはセンスがあるから、のひと言で片付けてくれるな。俺は必死に勉強して今のレベルにたどり着いたんだ。おまえらも、自分にはセンスがないから、なんて甘えたことを言う前に、センスを磨く努力をしろ!」という著者の怒鳴り声が聞こえてくるようです。

https://amzn.to/3bluZ8o


『センスは知識から始まる』を読んだとき、エビデンスが少ないこと(著者の経験・思想が論拠となっていること)、ところどころ言葉の定義がはっきりしないまま議論が進むことに、少し戸惑いを感じました。

しかし、このレビューを見て「なるほど、これは著者の“怒り”なのか!」とストンと落ちたんですね。「センスがない」「才能がない」と逃げる前に、圧倒的に「知識」をつけなさいよ、と。

今日が人生で一番若い日。「センスがない…」と言い訳しがちな自分に喝を入れたい人は、『センスは知識から始まる』を手に取り、著者の熱いメッセージを直接受け取ってみてください。

Audible
¥2,500 (2022/07/30 08:07時点 | Amazon調べ)

なお『センスは知識から始まる』は“聴く読書”Audible(オーディブル)で聴き放題で聴けます。

「クリエイティブ」に関する本がほかにも聴き放題に入っていますので、興味のある方はぜひあわせて聞いてみてください。

▼『模倣と創造』は『センスは知識から始まる』とよく似たテーマの1冊

「知識」を幅広く身に付けるのに、オーディブルはまさに最適!


【期間限定・12/26まで】オーディブルは2ヶ月間無料+Amazonポイント100ptキャンペーン実施中!(3,000円→0円)“聴く読書”は今の生活はそのままに、読書時間を生み出します。自信を持ってオススメします。
※12万冊超の聴き放題のラインナップはかなり豪華。絶対に聞きたい本が見つかるはずです!

\『センスは知識から始まる』も“聴き放題”/

✔︎ “聴く読書”Amazon Audible
【期間限定】2ヶ月間無料キャンペーン中
✔︎ 12万以上の作品が聴き放題
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

ゆるい
ゆるい

最後までお読みいただきありがとうございました!
記事の内容について質問などあればお問い合わせからお気軽にご連絡ください。精一杯対応させていただきます。