名刺代わりのオーディブルおすすめ傑作小説トップ30。心が打ち震える作品たち

オーディブル

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「オーディブルで聴ける、おもしろい小説を知りたい!」
audible の聞き放題にあるオススメ小説をランキング形式で30作品紹介します。

オーディブルといえば、なんと言っても小説の朗読が一番!私にとって、もはや「オーディブル=小説を聴くメディア」であり、毎日欠かさず小説を聴くなかで、心に残る作品とたくさん出会うことができました。

この記事ではその中から、特によかった30作品を厳選し、完全主観のランキング形式で紹介。

自信をもってオススメできる作品ばかりですが、当然、未視聴の作品も大量にありますので「これを聴くべし!」という傑作小説がありましたら、こっそり教えていただけると跳んで喜びます。

【期間限定 2/29まで】オーディブルは 2ヶ月間無料 で体験できます。“聴く読書”は今の生活はそのままに、読書時間を生み出します。自信を持ってオススメします。

“聴く読書”Amazon Audible
2ヶ月間無料体験
12万以上の作品が聴き放題
体験終了後は月額1,500円

オーディブル(テキスト)
【あまりに忙しい。それでも読書を諦めたくないあなたへ】
期間限定2/29まで “聴く読書" Audible(オーディブル)2ヶ月無料(3,000円→0円)
✔︎ 目を使わないので、疲れない(通勤中にオススメ)
✔︎ 運動や家事の時間が読書時間に早変わり
✔︎ 複数端末での同時再生(1契約で家族利用)OK
今日が人生で一番若い日。お得なこの機会をお見逃しなく。
»Audibleを今すぐ2ヶ月無料体験

名刺代わりのオーディブルおすすめ傑作小説トップ30。心が打ち震える作品たち

21〜30位

30位 変な絵|雨穴

Audible
¥3,000 (2024/02/12 11:24時点 | Amazon調べ)

何気なく描かれた絵の奥には、人間の複雑な心理が秘められているという。犯罪者が描いたとされる絵、我が子の誕生を待ちわびる男性のブログにアップされた絵、幼児が描いたマンションの絵。一見無関係な数枚の “変な絵” が、予測不能な展開へと繋がっていく…。audible でも PDF ファイルで “変な絵” を確認できるので、あなたも絵をじっくり見て、謎解きに挑戦してみてほしい。

29位 すべてがFになる|森 博嗣

孤島の研究所で起こる密室殺人。最初の殺人が起こるシーンで、まず度肝を抜かれる。ちょっぴりミステリアスな登場人物たち、作中の独自の世界観と緻密なプロットに、ミステリー愛好家ならきっと虜になってしまうだろう。はたまた SF やファンタジーにも通じる要素があるのも、幅広く人気を集める理由なのだと感じた。

28位 ロクヨン|横山 秀夫

Audible
¥3,600 (2024/02/05 20:42時点 | Amazon調べ)

7日間しかなかった昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件(通称 “ロクヨン”)をめぐる、警察ミステリー。警察広報と記者クラブの対立や、未解決事件の影響が交錯する中、主人公である三上義信警視の内省と行動が、迫真のリアリティを持って描かれる。いろんな要素が複雑に絡み合い「これ、どう帰結するんだ?」と思えてくる‥‥が、ラスト、息をのむ展開に。熱気冷めやらぬ読後感を、あなたもぜひ。

27位 六人の嘘つきな大学生|浅倉 秋成

Audible
¥3,500 (2024/02/12 11:26時点 | Amazon調べ)

リアルな就活の舞台に、ミステリーの要素を巧みに織り交ぜた大人気小説。登場人物は、一見すると優秀で理想的な学生たち。しかし、物語を追うごとに、彼らの内に秘められた嘘や葛藤が、徐々に露わにされていく。内定を巡る争いのなかで、競争社会や倫理観の問題も浮き彫りになっていく、社会派な作品でもあると感じた。就活に葛藤を抱えた経験のある人には特におすすめ。

26位 そして誰もいなくなった|アガサ・クリスティ

Audible
¥3,000 (2024/02/12 11:27時点 | Amazon調べ)

『十角館の殺人』に衝撃を受けすぎて、その元ネタということで読んだが、こちらも面白かった。古典というとなんとなく読みにくいイメージを持ちがちだが、そこは心配無用。シンプルな設定ながら、緻密な推理とキャラクターの心理描写が絶妙に組み合わさり、あれよあれよという間に衝撃のラストへと突き進む。人間の心理を探る鋭い洞察力が光る、単なるミステリー小説を超えた、傑作小説。

25位 ノルウェイの森|村上 春樹

Audible
¥3,000 (2024/02/12 06:51時点 | Amazon調べ)

登場人物たちの内面の葛藤と喪失感が、殺伐とした都会の景色や京都の山奥の透き通った美しさが、深く繊細に描かれる恋愛小説。作品の世界に一度引き込まれたら最後、ラストまできっと戻ってこられない。個人的には、恋愛モノはどちらかと言えば苦手だし、登場人物たちにめちゃくちゃ共感できたわけでもないが、これはすごくよかった。

24位 店長がバカすぎて|早見 和真

Audible
¥3,000 (2024/02/06 20:34時点 | Amazon調べ)

舞台は架空の書店、契約社員の谷原京子の奮闘を通して、現代の出版業界や書店のリアルな姿が描かれる。笑い、感動、謎解き、ちょっぴりロマンス(?)など、いろんな要素を含んだ魅力的な1冊であり、引き込まれること間違いなし。本は本屋で買う派のあなたにも、アマゾンでポチる派あなたにも、絶対に読んでほしい。本好き必読の物語。

23位 月の立つ林で|青山 美智子

Audible
¥3,000 (2024/02/12 11:24時点 | Amazon調べ)

日常の中に潜む見えない人とのつながりと、人間の心の奥深さを描いた感動作。連作短編の各章に出てくる、モヤモヤとした思いを抱えた主人公たち。彼らが共通して聴く、月をテーマにしたポッドキャスト『ツキない話』がハブとなり、主人公たちに新しい気づきをもたらし、ストーリーを絶妙につなげていく。月の立つ夜、心の内側が照らされる。

22位 ピアノマン:『BLUE GIANT』雪祈の物語|南波 永人

Audible
¥3,500 (2024/02/12 11:28時点 | Amazon調べ)

読むとジャズが聴きたくなる。本家『BLUE GIANT』は未読のため、予備知識はゼロ。よくある非凡な主人公の成功ストーリーかと、少し冷めた気持ちで読み始めたが… いやはや何度も心が熱くなった。リズムが、音色が、演者たちの躍動が、文章から溢れ出す。圧巻の青春音楽小説。

21位 一九八四年|ジョージ オーウェル

Audible
¥4,000 (2022/01/12 18:59時点 | Amazon調べ)

「史上最高の文学100」にも選出される、ディストピア小説の金字塔。現代社会の警告と未来への危機感が込められ、情報操作や監視社会の恐怖がリアルに描かれる。多くの人が途中で挫折する作品としても有名だが、audible ならきっとなんとかなる…はず。いや、やはり中盤までは苦労したが、後半、怒涛の展開は恐怖そのもので、ただただ圧倒された。読了後の感触もまったく心地良いものではないが、読んだ甲斐はあったと素直に思う。一生に一度は体験する価値のある作品。チャレンジする方は、覚悟の上おためしあれ。

“聴く読書”Amazon Audible
2ヶ月間無料体験
12万以上の作品が聴き放題
体験終了後は月額1,500円

11〜20位

20位 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド|村上 春樹

Audible
¥3,500 (2024/02/12 11:29時点 | Amazon調べ)

“世界の終り” と “ハードボイルド・ワンダーランド” 2つの世界を交互に行き来しながら進行する不思議な物語。現実と幻想が交錯するプロットは複雑かつ、哲学的・心理学的なテーマが込められており、その意味すべてを理解するのはかなり難しい。が、すべてをたとえ理解しなくとも、村上春樹の優れた文章技術によって描かれる、謎めいた世界への冒険を、あなたもきっと楽しめるだろう。

19位 モモ|ミヒャエル・エンデ

Audible
¥3,500 (2022/02/13 19:26時点 | Amazon調べ)

時の流れや人間関係に対する深い洞察と、幻想的な世界観が見事に融合した、ファンタジーの傑作。いわゆる児童文学ではあるが、時間に追われ、表面的な人間関係に疲れがちな大人にも、きっと響く作品だと私は思う。主人公モモ、道路清掃夫のベッポ、観光案内のジジ、灰色の男たちなど、独特のキャラクターたちも魅力的。“時間短縮” をしているはずなのに、逆にどんどん慌ただしくなっていると感じることはないだろうか。時間とは、ゆたかに生きるとは。『モモ』の世界にじっくり浸り、考えたい。

18位 悪人|吉田 修一

Audible
¥4,000 (2024/02/14 20:53時点 | Amazon調べ)

罪には問われない “悪” の数々。その連鎖は、ふとしたきっかけで、1つの犯罪行為として萌芽する。舞台は九州北部。土木作業員の清水祐一は、携帯サイトで知り合った女性を殺害してしまう。彼はなぜ罪を犯したのか。複雑な心理、過去のトラウマ、彼を犯罪へと走らせた過程が、張りつめた文体と緊密な構成で描写される。この作品における悪人は、きっと彼だけではない。

17位 少年と犬|馳 星周

Audible
¥3,000 (2022/09/14 07:05時点 | Amazon調べ)

愚かな人間、不幸な人間を、”多聞たもん” と呼ばれる1匹の犬が癒してくれる6つの短編集。東日本大震災で飼い主を亡くし、野良犬となった “多聞” は、次々といろんな人に飼われていく。物語の主眼はむしろ飼い主である人間のドラマにあり、 “多聞” の姿を通して、普遍的な人間の葛藤や喜びが描かれる。犬好きの人には特におすすめ。ラストは涙なしに読めないかも…。

16位 陸王|池井戸 潤

池井戸作品はどれも甲乙つけがたい。『陸王』と同じ中小企業モノの『下町ロケット』シリーズをはじめ、『空飛ぶタイヤ』、『七つの会議』、最新作の『ハヤブサ消防団』など、どれも Top30 に余裕で入る名作揃いだ。しかし、それだと池井戸作品ばかりになってしまう。迷った結果、今回は2作品に絞った。

まず推したいのは『陸王』。創業百年の老舗足袋メーカー「こはぜ屋」は、新たな可能性を求め、ランニングシューズの開発に乗り出す。困難や不安に直面しながらも、信念を貫き、最後まで戦い抜く社長の宮沢をはじめ、こはぜ屋の仲間たち。怪我に苦しむマラソンランナーの情熱的な走りも絡み合い、深い感動を覚えた。挑戦と努力、信念を称える物語。

15位 マリアビートル|伊坂 幸太郎

Audible
¥4,500 (2023/01/21 22:24時点 | Amazon調べ)

『グラスホッパー』に続く、殺し屋シリーズ2作目。舞台は北へと疾走する、東北新幹線の車中。一癖も二癖もある殺し屋たちが、1つのトランクをめぐり、騙し合い、殺し合う。中でも、クラスに1人はいた大人の前で表裏を上手に使い分ける子ども、その頂点に立ちそうな悪童「王子」のサイコパスっぷりには、ぜひ注目してほしい。手に汗握るスリリングな展開とともに、疑心暗鬼へと陥っていく人間心理をえぐり出す、至極のエンタテイメント小説。

14位 汝、星のごとく|凪良 ゆう

Audible
¥3,500 (2023/03/06 08:01時点 | Amazon調べ)

瀬戸内海の小さな島を舞台に、家族の問題に直面しながらも愛を育んでいく2人の若者の物語。恋愛に限らず、ヤングケアラーや地域共同体、人生の選択といった多彩なテーマが網羅される。読者は自身の人生と重ね合わせながら、さまざまな思索に耽ることだろう。登場人物の抱えるものの重さとは裏腹に、筆致が見事に美しい。その対比に、不思議な魅力を感じた。

13位 方舟|夕木 春央

Audible
¥3,500 (2023/02/16 07:44時点 | Amazon調べ)

山奥の地下建築に閉じ込められた主人公たち。しかもそこは1週間後に水没するという厳しい状況の中で、殺人事件が発生する。息が詰まるような極限状況での謎解きに引き込まれ、寝る間を惜しんで一気聴きすること必至。(といっても、なかなかに怖いので、夜中に聴くことは本当はおすすめしないが…)衝撃のラストシーンもお見逃しなく。

12位 八日目の蝉|角田 光代

Audible
¥3,600 (2021/12/04 21:40時点 | Amazon調べ)

実の親子でありながら、子に対してひどい仕打ちをする親がいる。その関係は本当に親子と呼べるのだろうか。誘拐された子が誘拐犯によって愛情深く育てられたとする。彼らの間には親子関係が成立するのだろうか。

不倫相手との子を身ごもり、堕胎した経験をもつ希和子。彼女はある日、不倫相手の男の家に忍び込み、彼の妻が産んだ赤ん坊「薫」を誘拐、世間から逃避しながらわが子として育てていく。希和子の果てしない孤独と焦燥、垣間見える薫への愛、誘拐犯に育てられた薫の心の傷…。すべてがあまりに切ない。小豆島の美しい描写が物語を彩り、この作品はあなたの心に忘れられない感動を残すだろう。

11位 ソロモンの偽証|宮部 みゆき

Audible
¥4,000 (2022/01/31 21:21時点 | Amazon調べ)

雪の舞うクリスマスの夜、中学校の校舎から1人の男子生徒が落下する。彼の死の真相を究明するため、生徒による模擬裁判が開廷される。裁判に真剣に向き合う過程で、生々しい人間関係や複雑な家庭事情が明らかになり、単純な善悪の対立を超えた真実が浮かび上がる。全6巻、文庫版の総ページ数3,199。オーディブル版の総再生時間およそ79時間の大作ではあるが、その長さを感じさせない、青春法廷小説。

“聴く読書”Amazon Audible
2ヶ月間無料体験
12万以上の作品が聴き放題
体験終了後は月額1,500円

1〜10位

10位 半沢直樹2 オレたち花のバブル組|池井戸 潤

著:池井戸 潤, ナレーション:吉田 健太郎, 出版社:Audible Studios
¥3,600 (2021/08/26 10:12時点 | Amazon調べ)

ドラマの大ヒットも記憶に新しい『半沢直樹』シリーズ。その原作の中でも、第2作『オレたち花のバブル組』が私は好きだ。120億円もの巨大損失を出した伊勢島ホテルの立て直しを命じられた半沢直樹が、その裏側に潜む闇へと立ち向かっていく、お馴染みの勧善懲悪ストーリー。

ただ、この作品を傑出させているのは、本作品のもう1人の主人公、半沢の同期・近藤の存在だ。上司のパワハラをきっかけに心を病み、出資先の小さな会社へと出向を命じられた近藤。彼の挫折とそこからの復活劇に、なにかしらの理不尽を感じながらも一生懸命働く全サラリーマンはきっと胸が熱くなる。大和田常務、黒崎検査官などお馴染みのキャラも本作で登場。ドラマで『半沢直樹』が好きになった人にも、ぜひおすすめしたい。

9位 三体|劉 慈欣

Audible
¥4,000 (2024/02/15 15:12時点 | Amazon調べ)

中国 SF の傑作として世界中で高い評価を受けている『三体』シリーズ。1〜3部、しかも2・3部は上下巻ある超・長編小説。長いだけでなく、ストーリーを追うごとに、スケールはどんどん壮大に、SF としての骨太さも増していき、ついて行くのが大変になる人もいるかも…と思う。(私も、第3部はついていけた気がしない)がしかし、己の思考のスケールはるかに凌駕した、『三体』でしか味わえない打ちのめされるような読書体験ができることを約束する。

さて、物語は第1部である『三体』から幕を開ける。文化大革命で父親を失い、絶望に沈む中国のエリート科学者・葉文潔イエ・ウェンジエ。彼女は巨大なパラボラアンテナを備えた軍事基地にスカウトされ、そこで地球の運命を左右する、驚くべき事態の引き金を引いてしまう…。

なお、個人的にもっとも面白いと感じたのは第2部『三体II 黒暗森林』であるが、このシリーズは第1部から順番に読まなければならない。未読の方は、必ず第1部から始めてほしい。

8位 AX|伊坂 幸太郎

Audible
¥3,500 (2023/01/23 07:44時点 | Amazon調べ)

この作品が好きなのは、私自分が父親になったからだと思う。伊坂作品からは、すでに『マリアビートル』を紹介したが、同じ殺し屋シリーズでも本作はまったくテイストが異なる。テーマは家族愛。普段は文房具メーカーのサラリーマン、裏は敏腕殺し屋という顔を持つ、主人公<兜>。彼には愛する妻と息子がおり、妻にはまったく頭が上がらない尻に敷かれた夫としての一面も持ち合わせる。殺し屋稼業と、家族との間で葛藤する<兜>の運命はいかに。殺人と家族愛、そしてユーモア、緊張と緩和が織りなす、パパ必涙の物語。

7位 沈黙|遠藤 周作

Audible
¥3,500 (2024/02/12 11:29時点 | Amazon調べ)

もし神が実在するとしたら、なぜこんなにも理不尽な不幸が絶えないのか。そんな疑問に考えを巡らせたことはないだろうか。物語は江戸初期の長崎、キリスト教が厳しく禁じられた時代に、日本にやってきたポルトガル人宣教師ロドリゴたち。彼らは迫害を受ける日本の信者たちを目の当たりにする。「主よ。あなたがいつも沈黙していられるのを恨んでいました」「私は沈黙していたのではない。一緒に苦しんでいたのに」〈神の沈黙〉という永遠のテーマに深い問いを投げかける、重厚な歴史小説。

6位 正体|染井 為人

Audible
¥4,500 (2023/03/02 07:39時点 | Amazon調べ)

かつてこんなにも主人公に感情移入してしまったことはあっただろうか。埼玉一家惨殺事件の未成年死刑囚、彼の脱獄488日を追う。東京オリンピック施設の工事現場、スキー場の旅館の住み込みバイト、人手不足の介護施設…。逃亡と潜伏をくり返す彼の目的とは? 転々とする中で彼が出会う社会的に弱い人々の姿も、深く描かれる。また1つ、忘れられない作品に出会った。

5位 ザリガニの鳴くところ|ディーリア・オーエンズ

1950年代のアメリカ南東部の湿地に暮らす少女、カイア。家族が去り、父親も暴力で姿を消し、彼女は孤独な生活を送る。母の教えを頼りに生きる中、彼女の苦悩と絶望が描かれる。物語後半はサスペンスに満ち、ラストシーンには大きな衝撃を受けた。

著者のディーリア・オーエンズは動物学者であり、69歳にして、本小説がデビュー作であることも驚きだ。作中の美しい自然描写や、動植物の専門知識は彼女の経験に裏打ちされており、読者に深い感動を与える。『ザリガニの鳴くところ』は、家族に捨てられた少女の成長物語であり、ミステリー小説であり、差別や環境破壊などがテーマの社会派作品でもあり…さまざまな角度から楽しめる、重層的な作品である。

4位 火車|宮部 みゆき

Audible
¥4,000 (2022/02/04 22:16時点 | Amazon調べ)

カードローン、リボ払い、後払いアプリ…借金に頼って生活をする人々の末路は、依然として悲惨だ。『火車』は、20年以上前に発表された作品でありながら、そのテーマは今も色あせることがない。失踪した女性を巡る物語が、カード・ローン地獄に飲み込まれた1人の人間の人生を描きだす。ヒリヒリとした緊張感と、宮部みゆきならではの濃密な人物描写に圧倒される。俳優の三浦友和さんの朗読も、作品の雰囲気を見事に引き立てていると感じた。

3位 プロジェクト・ヘイル・メアリー|アンディ・ウィアー

著:アンディ ウィアー, 翻訳:小野田 和子
¥990 (2023/08/17 07:36時点 | Amazon調べ)

未知の宇宙船で目覚めた主人公が、人類の存亡にかかわる使命を果たす、壮大な冒険と出会いを描いた SF 巨編。終末的な状況に瀕しても、前向きな気持ちを忘れない主人公。彼の姿勢と決断に、私たちも大きく勇気づけられる。ラストシーンの美しさも心に残る。科学的なリアリティとキャラクターの魅力が見事に調和し、宇宙探査の冒険を楽しみながら、感動も得られる1冊。

2位 国宝|吉田 修一

Audible
¥3,500 (2021/11/30 07:32時点 | Amazon調べ)

極道の生まれである喜久雄きくおが、歌舞伎の名家に引き取られ、芸の道を歩む物語。どんな困難が降りかかっても、何度でも立ち上がる彼の姿に感動を覚える。梨園を舞台にした、波乱万丈・豪華絢爛な物語には友情や恋模様、歌舞伎の裏話が散りばめられ、非日常の世界へと読者を誘う。

さらに驚くべきは、この作品を朗読するのが歌舞伎役者の尾上菊之助さんであること。その朗読からは、まるで目の前で歌舞伎が演じられているかのような臨場感が伝わり、物語にさらに厚みが加わっていると感じた。audible でこそ味わうべき、芸術的傑作小説。

1位 犯罪者|太田 愛

Audible
¥4,000 (2022/10/03 17:26時点 | Amazon調べ)

「読んだ」という記憶をなくし、まっさらの状態でもう一度楽しみたい小説が、ごく稀にある。『犯罪者』は私にとって、そのような作品の1つだ。これまでに出会ったミステリー・サスペンス小説のなかで、これほど没頭してしまった作品はほかにない。白昼の駅前で発生した通り魔殺人から幕を開ける物語は、圧倒的な緊張感とスリリングな展開に満ちており、最後まで息をのむような緊迫感が絶えない。説明不要。作品の世界に身を委ね、時が経つのを忘れる読書体験をぜひ味わってほしい。


この記事で紹介した傑作小説のすべてが、オーディブルなら聴き放題。

【期間限定 2/29まで】オーディブルは 2ヶ月間無料 で体験できます。“聴く読書”は今の生活はそのままに、読書時間を生み出します。自信を持ってオススメします。

“聴く読書”Amazon Audible
2ヶ月間無料体験
12万以上の作品が聴き放題
体験終了後は月額1,500円