【アドラー心理学】3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり

アドラー心理学
ゆるい
ゆるい

こんにちは!
アドラー心理学を哲学的に研究している、あつくてゆるい(@atsukuteyurui)です。

こちらの記事では、
『共同体感覚』には「人と人とが共にあること」「他者への関心」
という意味があるということを書きました。

では、アドラーはなぜそんなに「他者への関心」を大事にするのか?

本記事では、
アドラー心理学の「ライフタスク」について深掘りすることで、その理由を探っていきます。

Today’s Theme
3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり


↓アドラー心理学をもっと学びたい人へ。入門〜上級者まで、オススメ本を厳選してまとめました

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

仕事、交友、愛の3つのライフタスク

人生には、人間が生きていく上で、必然的に取り組んでいくこととなる3つの課題(タスク)があるとアドラーは考えています。


アドラーはそれらをライフタスクと呼びました。

アドラーの考える3つのライフタスクとは?

仕事のタスク
地球という有限な環境で、どんな仕事を見つけ、他者とどのように分業して生きていくか。

交友のタスク
そもそも人は1人で生きているわけではなく、他者とどのように共に生きていくか。

愛のタスク
人類は子孫を残さないと存続できないことを前提に、恋愛・結婚・出産・子育てなどにいかに取り組むか。



ちなみに、現代アドラー心理学ではこれらの3つのタスクに「自己(セルフ)」と「スピリチュアル」の2つのタスクも加えた、5つのライフタスクがあるとされています。

きらら
きらら

人間として生きていく限りライフタスクからは逃れられないと、アドラーは考えたということね。
人間って大変ね。わんこに生まれてよかったわ

ゆるい
ゆるい

確かに、人間として生きていくってそれだけでとっても大変なこと多いよね。
けど苦労がある分、喜びもあるってことでもあると思うけどね!



さて、3つのタスクをアドラーはどのように説明しているのでしょうか?


アドラーの原著を元に紐解いていきたいと思います。

仕事のタスク


アドラーは「仕事のタスク」について以下のように述べています。

アドラー
アドラー

われわれは、この宇宙の表面で、すべてのこの宇宙の資源、土壌の肥沃さ、鉱物資源、気候、風土と共に生きている。これらの条件がわれわれに提示する問題への正しい答えを見出すことが、常に人類の課題である。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.108


ここで言う「宇宙の表面」とは「地球」を指しています。


私たちは有限な地球で生きています。


地球の限界の中でいかに生きていくか?


その答えを出すのが「仕事のタスク」だということです。




こう聞くと「アドラーは結構大きなことを言っている」と感じませんか?


少なくとも私はそう感じました。


仕事のタスクは「仕事上の対人関係の課題」という説明1がされることもあります。


それも間違いではないんでしょうけど、アドラーはその前にもっと大きなことを言っています。




アドラーの言う「仕事のタスク」は、現代的には「持続可能な社会の実現」に近いと考えます。


人間は、これまで化石燃料を無尽蔵に消費し、環境を破壊しながら経済発展してきました。


その結果、地球温暖化による気候変動や海面上昇などが発生し、我々の生存すら危ぶまれる危機が発生しています。


こうした事態を受けて「持続可能な社会」の実現は我々の今日的な大きな課題です。


アドラーの述べる「仕事のタスク」は、まさにこうした「持続可能な社会」の実現に向けて人間1人1人がいかに参加・貢献するかということについて述べていると言えます。






また、こうした地球の限界に向き合いながら、社会を成り立たせ、人間の生活を保持するためには、他者との役割分担(分業)が必要であるということもアドラーは述べています2


つまり、社会は1人で作れるわけは当然なく、他者と「持ちつ持たれつ」で助け合っていく必要があります。


「仕事のタスク」には、このような「持ちつ持たれつ」の共同作業にいかに参加・貢献するかという意味もあります。


交友のタスク

アドラーはライフタスク1つ1つに一義的な定義を与えておらず、読み取るのは容易ではありません。


その中でも特に交友のタスクについては、アドラーの原著を読む限り、一番掴みきれないタスクだと感じます。



その前提で「交友のタスク」についての以下の一文を読んでみます。

アドラー
アドラー

われわれの態度と行動は、もしもわれわれが一人でこの地球で生きているのであれば、まったく違ったものになるだろう。しかし、われわれは常に他者を考慮に入れ、他者に自分を適応させ、自分を他者に関心を持つようにしなければならない。この問題は友情、共同体感覚、そして協力によってもっともよく解決される。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.108



このアドラーの言葉の「われわれは常に他者を考慮に入れ、他者に自分を適応させ、自分を他者に関心をもつようにしなければならい」という部分。


これは友人関係に限らず、例えば電車に乗っているときであっても、仕事上でも、恋愛や家族関係でも、「他者」がそこにいる限りすべてにおいて当てはまる、大きな話です。


よって「交友のタスク=友人関係のタスク」のように、単純には理解できないと考えます。






私は、アドラーの原著を読みながら、以下の2つの整理の可能性を考えました。


1つ目は「交友」のタスクを前提とした考え方です。


「交友のタスク」はかなり広い対人関係に関するタスクを意味しています。


また「仕事」や「愛」のタスクは様々ある「交友」の中で、その特殊な形だと捉えます。


そして「交友」のタスクは、それらの土台・前提となっているという考え方です。




というのもアドラーは次のように述べているからです。

アドラー
アドラー

最初の問題、即ち、仕事の問題を解決する最善の手段は、第二の問題、即ち交友の問題による。
(中略)
第二の問題が解決すれば、われわれは最初の問題の解決へと大きく前進することができる。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p108

アドラー
アドラー

友情の訓練を受けることは結婚の準備でもある。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p151


これらを読むと「交友」のタスクはその他のタスクの前提となると考えることができます。



ただ、一方でアドラーは以下のように述べています。

アドラー
アドラー

仕事が、時には、交友と愛の問題を回避するための口実として使われることがある。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p110


この1文を読むと、「仕事」と「交友」と「愛」はある程度横並びで、別物として捉えているとも読めます。



したがって2つ目の整理として、「交友」が「仕事」「愛」に先行するというのは言い過ぎであり、それぞれのタスクをある程度別物であるという整理もあると言えそうです。



私はどちらかと言うと、1つ目の整理の方がすっきりします。


「交友」のタスクというのはかなり広い意味なのではないかと。


なぜならアドラーはこの交友のタスクは「われわれの仲間の中でいかに自分の場所をみつけるか」であると述べているからです。3


そしてそれは本来、友人関係に限らず人間関係の土台の部分について述べていると捉えることができるからです。




いずれにせよ、交友のタスクは「他者とどのように共に生きていくか」に取り組むタスクである。


そして「仕事」や「愛」のタスクと関連する・重なる部分はありそうです。

愛のタスク

アドラー
アドラー

愛と、結婚におけるそれの成就は、身体的に引きつけられること、交際、子どもを生む決心において表される異性のパートナーへのもっとも親密な献身である。愛と結婚は人間の協力にとって本質的である。その協力は二人の幸福のための協力であるだけでなく、人類の幸福のための協力でもある。

「人生の意味の心理学(下)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.142


愛のタスクについてはその他2つのタスクと比べると明確です。


「交際→結婚→子どもをもつ決断→出産→子育て」などにいかに向き合うかを「愛のタスク」と呼びます。




ただこの書き方をすると、子どもを産めない人やLGBTQの人はどうなるんだ?


という反感が起こるでしょうし、実際にその通りだと思います。




ただ、「人類の存続」のためには「子孫を残すこと」が必要であることは事実です。


そして実際アドラーはそのような大きな文脈で「愛のタスク」について語ります。


「自分が子どもを作るかどうか」はともかく、人類が存続するためには誰かが子どもを作る必要は事実としてあるわけです。


このような事実や課題にいかに向き合うかを、アドラーは「愛のタスク」と呼んだわけです。





ここまでの話をまとめます。

3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり①

・ライフタスクとは、人間が生きていく上で必然的に取り組んでいくこととなる課題(タスク)

・ライフタスクには「仕事」「交友」「愛」の3つがある
※現代アドラー心理学では「セルフ」と「スピリチュアル」を加えた5つ


きらら
きらら

アドラーって言ってることが壮大だね!

ゆるい
ゆるい

そうなんだよね〜。
けど人間が生きるということは、本人が望む望まない関係なく、そうした壮大な流れの中に身を置いているということなのかもしれないね
もしかしたら、きららも同じかもよ?


以上「ライフタスクとは何か?」について、アドラーの言葉を元に考えてきました。


さて、アドラー心理学で「ライフタスク」は割と有名で、入門書を読んでも出てくるような話です。




このブログではここからさらに深掘り。


アドラーはなぜ「ライフタスク」という考え方をしたのか?についても考えていきます。


(本当に大事なのはここから先だと自分は感じる)


なぜなら「ライフタスク」を深掘りすれば、アドラー心理学の教育の目的であり、鍵概念である『共同体感覚』の意味が見えてくるからです。



3つの絆→3つのタスク

ゆるい
ゆるい

人が「ライフタスク」に取り組まなければいけないのは、人がつながり(絆)の中で生きているから、とアドラーは考えました。

アドラー
アドラー

すべての人は、三つの主要な絆の中に生きている。これを考慮しないわけにはいかない。それが人の現実を構成する。なぜなら、人が直面するすべての問題や問いは、そこから生じるからである。これらの問いに答え処理することが常に強いられる。

「人生の意味の心理学()」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.10



ポイントをまとめると以下のようになります。


「つながっているから、課題が生じる」というわけです。




それでは3つの絆とはどんなものなのかを順に見ていきます。


1つ目の絆は「地球に生きているということ」

アドラー
アドラー

これらの絆の一つは、われわれがこの小さな宇宙の殻、つまり、地球の上で生きているということである。それ以外のところで生きることはできない。われわれは、われわれの〔地球という〕住処がわれわれに課す制限と可能性のもとで発展しなければならない。
(中略)
すべての答えは、われわれが人類の一員であるということ、人類がこの地球に生きているということを考慮に入れないればならない。

「人生の意味の心理学(上)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.10


我々が地球で生きていく限り、地球とのつながり(絆)は切っても切れないというわけです。


そしてその制限の中で発展する必要があるというわけです。


これが先ほど述べた「仕事のタスク」の根拠であると、アドラーは説明します。






2つ目の絆は「人類に所属しているという事実と他者と結びついて生きなければならないこと」

アドラー
アドラー

ここで、われわれは、二つ目の絆に到達する。われわれは誰も人類のただ一人の成員ではないということである。われわれのまわりには他者がいる。そしてわれわれは他者と結びついて生きている。人間は、個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することはできない。
(中略)
人は、弱さ、欠点、限界のために、いつも他者と結びついているのである。

「人生の意味の心理学(上)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.11


シンプルに言うと「人は1人で生きているわけではない」ということです。


そしてこれが「交友のタスク」の根拠であると考えると、やはり「交友のタスク」のもつ意味は広いと考えられます。






3つ目の絆は「人間が二つの性でできているということ」

アドラー
アドラー

われわれを支配する三つ目の絆は、人間が二つの性でできているということである。個人と共同生活の維持は、この事実も考慮に入れなければならない。

「人生の意味の心理学(上)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.12


先ほども述べましたが、現代社会では「人間が2つの性でできている」と言い切るのは問題があるでしょう。


しかし、ここでのポイントは「人類の存続」を考えるならば、生物学的な「男性・女性」を踏まえ、子孫を残すことが必須であるということです。


つまり、人類の存続を前提とするならば「愛のタスク」に取り組む必要がある、ということになります。





これら「3つの絆」と「3つのライフタスク」の関連について、アドラーは以下のように述べます。

アドラー
アドラー

それゆえ、これら三つの絆が三つの問題を提起する。まず、地球の自然によって課せられた限界の内で生き残ることを可能にする仕事をいかに見つけるか、次に、われわれの仲間の中でいかに自分の場所を見つけるか、第三に、二つの性があり、人類が存続するかは両性間の関係にかかっているという事実に対していかに適応するかということである。

「人生の意味の心理学(上)」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.12


人間が生きるということは、これら3つの絆から逃れられないとアドラーは考えているのです。


そして絆から逃れられない限り、人はライフタスクに取り組む必要があるというわけです。


3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり②
人間は3つの絆の中に生きているから、3つのライフタスクが発生する


きらら
きらら

きららにも3つの絆があるよ。
ゆるいちゃんのお家と
2つの性と
あとごはん

ゆるい
ゆるい

・・・・・


さてこれまで「ライフタスク 」について学んできましたが、最後に見ておきたいのが、アドラー心理学の超重要概念『共同体感覚』と「ライフタスク」との関係です。


曖昧でわかりにくいとされる『共同体感覚』ですが、「ライフタスク」をヒントにすると結構意味が見えてくるんです。


最後に「ライフスタイル」から『共同体感覚』の意味を探ります。

ライフタスクから考える『共同体感覚』の意味

ゆるい
ゆるい

最後に「ライフタスク」から、アドラー心理学の鍵概念である『共同体感覚』について考えます。

『共同体感覚』のドイツ語(原語)とその英訳から、以下の意味がわかります。

・『共同体感覚』の原語”Mitmenschlichkeit”は「人と人とが共にあること」というニュアンス

・『共同体感覚』の英訳”social interest”は「他者への関心」というニュアンス


しかし、『共同体感覚』は「人と人とが共にあること」「他者への関心」と言われてもまだ曖昧さが残りますよね。




そこでヒントになるのが先に述べた「3つの絆」と「3つのライフタスク」です。


アドラーは「ライフタスク (人生の課題)」について、こんなことを言っています。

アドラー
アドラー

個人が人生の課題と深く結びついていることを示している。即ち、個人の全体は人生―おそらく共同といった方がいいだろう――の連関から引きずり出されることはできないということである。

「生きる意味を求めて」A・アドラー著 岸見一郎訳 p.32



アドラーはここで「個人は他者とライフタスクで深くつながっている」と述べています。


また「人生とは(他者との)共同である」とまで言っています。


他にもアドラーは個人を「生活領域の問題(ライフタスク)と緊密に結びついた「分割できない」全体として生きる存在4として捉えていることがわかります。





つまり『共同体感覚』の「人と人とが共にある」ということは「人と人はライフタスクでつながっている」ということ


(またそもそも「つながり(3つの絆)があるからライフタスクが生じる」とアドラーは言っている)


もっと言えば「つながりと分割できない(individe)」のだから「他者とのつながりそのものが個人(individual)である」とも捉えることができるのではないでしょうか。




ここから以下のようなアドラーの人間観が見えてきます。

3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり③

個人(individual)
=ライフタスクを通じた他者と分割できない(individeな)つながり
=社会的・関係的存在としての人間


そして『共同体感覚』についても、以下のように説明することができるのではないでしょうか。

3つの「ライフタスク」から考える、人と人とのつながり④

『共同体感覚』とは、ライフタスクを通じた人と人とのつながり(Mitmenschlichkeit)を感じ、つながっている他者へ関心(social interest)をもっていること


『共同体感覚』についてはこちらにかなり詳しく書いていますので、ぜひあわせてお読みください!

きらら
きらら

他者とつながっていない「個人」なんてありえないということだね
そして、つながっている限り「他者に関心をもつ必要がある」ということか…

なんとなくだけど「個人主義」と言われるときの「個人」とは真逆な感じがするなぁ。

ゆるい
ゆるい

そう思うよ。
「個人主義」の「個人」というのは、他者から独立したイメージだけど、アドラーはその真逆のことを言っているよね。

まとめ ー 人はつながりながら生きていた。では今は?

3つの「ライフタスク」から考える、人と人とのつながりというテーマで書いてきました。


まとめると以下の通りです。

3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり

・ライフタスクとは、人間が生きていく上で必然的に取り組んでいくこととなる課題(タスク)

・ライフタスクには「仕事」「交友」「愛」の3つがある
※現代アドラー心理学では「セルフ」と「スピリチュアル」を加えた5つ

・人間は3つの絆(つながり)の中に生きているから、3つのライフタスクが発生する

・個人はライフタスクを通じて他者とつながっている(つながりそのものが個人である)

・『共同体感覚』とは他者とのつながりを感じ、つながっている他者へ関心をもっていること

ゆるい
ゆるい

アドラー心理学の教育の目的である『共同体感覚』
その意味が前よりクリアになってきた感じはしませんか?


ところでみなさんはアドラーが言うような「他者とのつながり」をどれくらい実感されるでしょうか?


例えば、ご近所付き合い一つとっても、昔と今とでは大きく様子が違うのは明らかです。


以前、とあるマンションの「あいさつをやめましょう」というルールが大きな話題となりました。

投書によれば、住民同士で「あいさつをやめましょう」とのルールが生まれたのは、小学生の子供を持つ親が発した一言がきっかけだった。その親は、マンションの住民が集まる総会の中で、

「(子供に)知らない人にあいさつされたら逃げるように教えているので、マンション内ではあいさつをしないように決めてください」

と提案したという。その上で、子供には声をかけられた相手が住民かどうかを判断できないことから、「教育上困ります」とも話していたそうだ。

この提案に、総会に出席していた年配の住民も賛同。あいさつをしても相手から返事がなく「気分が悪かった」として、「お互いにやめましょう」と意見が一致し、最終的に「あいさつ禁止」のルールが明文化されることになったという。

マンション住人同士「あいさつ禁止」 神戸新聞投書が大波紋 https://www.j-cast.com/2016/11/09282885.html?p=all



まぁこれは結構極端かもしれませんが、実際これに似たような状況ってありますよね?


私自身も同じマンションにかれこれ4年住んでいますが、いまだにお隣の人の顔も名前もはっきりとはわかりません。


昔…というより自分が子供の頃ですら今とは違う雰囲気だったと記憶しています。


マンションに引っ越したら、親に連れられて同じ階の住民に挨拶回りをした記憶もあります。


ご近所の家にちょくちょくお呼ばれした記憶もあります。


もちろん地域や家庭の方針にもよるとは思うのですが、今はこうしたご近所付き合いも随分減っているのではないでしょうか。





「他者とのつながり」とか言われても、正直面倒臭い!


これ本音ですよね。


いや、実際面倒臭いことなんだと思います。


ただこれまでは「面倒臭い」とは言ってられなかった。


というのも、生きていく上で他者とつながることはほぼ必須だったという面があるからです。


村で稲作や農業をして暮らすだとか、


商店街で家族経営のお店を営むだとか、


会社という組織でサラリーマンとして生きていくのもそう。


「生きていく=他者とつながること」という構図があった。






けれども今はどうでしょうか?


究極こんな生活だって可能だと思うんです。

自分の部屋でインターネットのデイトレでお金を稼ぐ。

生活に必要なものはamazonの宅配ですべて手に入れる。

結婚もしない、子供もいらない。

だって、人とつながるのって面倒臭いから。

だし、そっちの方が誰にも迷惑かけないでしょ?

一人で生きていくのが気楽で一番!

もしくは気の合う仲間数人と、面倒くさくない範囲で関わっていければいい。


こんな生き方だって十分可能なわけですよね。


アドラーが「ライフタスク」や『共同体感覚』を唱えていたのは、1900年代前半のこと。


当時はインターネットもありませんでした。


あれから時代は大きく変わりました。


「他者とのつながり」を前提とした「ライフタスク」や『共同体感覚』の現代的な意味はなんなのでしょうか?


↓アドラー心理学オススメ本を厳選してまとめました


↓アドラー心理学まとめ