【名著】『嫌われる勇気』を無料で読むには?【アドラー心理学】

アドラー心理学

嫌われる勇気を無料で読みたい!

この記事では、このような人に向けて『嫌われる勇気』を無料で読む方法を紹介。

『嫌われる勇気』は2013年12月の発売から以降、売れに売れ、海外で出版された翻訳版も含めると世界累計発行部数は485万部(2020年2月時点)を突破した名著です。


結論として『嫌われる勇気』を無料で読む方法は以下の2つ。(正確にいうと、1つは“聴く”になりますが…)

『嫌われる勇気』を無料で読む方法

①DIAMOND onlineの重要箇所抜粋(無料)を読む

②Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)で無料で聴く

この記事では、まずDIAMOND onlineの重要箇所抜粋をすべてまとめており、それだけでも『嫌われる勇気』の全283ページ1の内、88ページ(全体の30%以上)は読むことができます。

また、そこで気に入ったら、今度はAmazon Audible(オーディブル)の無料体験に登録し、完全版を耳から読んでみましょう。

Audible(オーディブル)は移動中、運動中、家事をしながら流しているだけで自然と聞けるので、集中して時間が取れなくてもOK。

オーディブルは10/11まで期間限定で、2ヶ月無料+好きな本も2冊もらえる2キャンペーン中。このチャンスを利用して本を手に入れ、ぜひ聴いてみられてください。(無料期間で解約しても、もらった本はずっと聴けます)

✔︎ 「聴く読書」Amazon Audible
今だけ2ヶ月間無料体験
✔︎ どれでも好きな本が2冊無料でもらえる
✔︎ 体験終了後は月額1,500円


↓アドラー心理学をもっと学びたい人へ。入門〜上級者まで、オススメ本を厳選してまとめました。

【期間限定10/11まで】Amazonの聴く読書、Audible(オーディブル)2ヶ月無料キャンペーンが久しぶりに始まりました。新規会員登録で月額1,500円×2ヶ月=3,000円→0円
無料体験では好きなオーディオブックを2冊1もらえて、解約後もそのまま利用OK2。運動・通勤・家事しながら読書することで、貴重な時間を有効活用できます。少しでも興味があれば、以下リンクからオーディオブックを手に入れて“無理ない読書習慣”への一歩を踏み出してみませんか?
»Audibleを今すぐ2ヶ月無料体験する
スポンサーリンク

『嫌われる勇気』を無料で読むには?

DIAMOND onlineの重要箇所抜粋(無料)を読む

以下、リンクをクリックすると、DIAMOND onlineの該当ページが開きます。

『嫌われる勇気』を読む(1)

いかなる人も例外なく、今この瞬間から幸せになれる!
ページ数:p2〜p8(序文全部)
【内容】
『嫌われる勇気』の冒頭「世界はどこまでもシンプルであり、人は今日からでも幸せになれる」と説く哲学者がいた。そこに人生に不満を抱えた青年が訪れる。

『嫌われる勇気』を読む(3)
『嫌われる勇気』を読む(5)

「わたしは正しい」と確信した瞬間、人は権力争いに足を踏み入れる
ページ数:p100〜p108途中(第二夜)
【内容】
他者と口論になりそうなとき、相手はただあなたを非難し、挑発し、権力争いを通じて、気に食わないあなたを屈服させたいと考えている。そのとき、我々はどう対処すればよいのか?

『嫌われる勇気』を読む(6)

アドラー心理学は、あなたの「承認欲求」を否定する!
ページ数:p131途中〜p138途中(第三夜)
【内容】
我々がつい一喜一憂してしまう、他者からの「承認」について。哲人は、他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになると主張する。

『嫌われる勇気』を読む(7)
『嫌われる勇気』を読む(8)

「自由とは、他者から嫌われることである!」というアドラーの教え
ページ数:p155途中〜p163途中(第三夜)
【内容】
他者の期待を満たすように生きること、自分の人生を他人任せにすること。これは、自分に噓をつき、周囲の人々に対しても噓をつき続ける生き方であると哲人はいう。タイトルにもなっている「嫌われる勇気」の意味が明かされる。

『嫌われる勇気』を読む(9)

アドラー心理学のキー概念「共同体感覚」とは何か?
ページ数:p178途中〜p184途中(第四夜)
【内容】
アドラー心理学のキー概念「共同体感覚」。それは、他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることだという。しかしここでの「共同体」とは、過去から未来、そして宇宙全体までも含むと聞き、青年はすぐには理解できなかった。

【当ブログ関連記事】

『嫌われる勇気』を読む(10)

Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)で無料で聴く

『嫌われる勇気』を無料で読むもう一つの方法は、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)の無料体験に登録して、無料で聴くことです。

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)は、アマゾン傘下のAudibleが提供するオーディオブックサービスのこと。


オーディブルでは、声優やナレーターが本を朗読してくれます。耳で聴くという新しい読書体験、隙間の時間を活用した「ながら読書」が可能です。

オーディブルのPCページはこんな感じ

Audibleでは40万作品以上のオーディオブックが配信されているのですが、その中に『嫌われる勇気』やシリーズ2作目の『幸せになる勇気』もあるんです。

これらの本は、無料期間1ヶ月あたり必ず1冊もらえます。(本の返品機能を利用すれば、2冊とも聴くことも不可能じゃない)

また、もらった本は仮に無料期間だけで退会しても削除されることはなく、退会後もずっと聞き続けることができます。

ゆるい
ゆるい

ここらへん、読み放題サービスのKindle Unlimitedとは違うところですね。

なので「聴く読書」がライフスタイルに合うかわからない、いますぐ聴けるかわからないという人も、とりあえず登録してみて全く損はないでしょう。

オーディブルは10/11まで期間限定で、2ヶ月無料+好きな本も2冊もらえる3キャンペーン中。このチャンスを利用して本を手に入れ、ぜひ聴いてみられてください。(無料期間で解約しても、もらった本はずっと聴けます)

✔︎ 「聴く読書」Amazon Audible
今だけ2ヶ月間無料体験
✔︎ どれでも好きな本が2冊無料でもらえる
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

まとめ ー 『嫌われる勇気』は人生を変える力のある一冊

『嫌われる勇気』を無料で読むための2つの方法を紹介してきました。

筆者自身もかつて職場の人間関係で苦しんでいたとき、『嫌われる勇気』と出会って、脳天をぶち抜かれ、人生を大きく好転させることのできた一人です。

あんまり言うと怪しまれるかもしれませんが『嫌われる勇気』はそれくらい人々の悩み・苦しみに答え、人生を変える力のある一冊だと考えます。(もちろんハマる、ハマらないはあるとは思います)

485万部(2020年2月時点)という累計発行部数、海外でも受け入れられているという事実からも、その内容の普遍性は証明されているのではないでしょうか。

✔︎ 今回無料部分を読んでみられて、もっと読んでみたいと思った

✔︎ 人間関係のトラブルや、他人と比べたときの劣等感で苦しんでいる


という人はぜひ、本書を手に取ってみてください。きっと人生が変わります。

ゆるい
ゆるい

DIAMOND onlineで読めない部分にも、読んでもらいたい箇所はたくさんあります。


また、そんな名著『嫌われる勇気』がAudible(オーディブル)だと完全無料で手に入ります。(無料体験後も聴けなくなることはありません)

「聴く読書」がライフスタイルに合うかわからない、いますぐ聴けるかわからないという人も、まずは無料体験に登録してみて『嫌われる勇気』を最初の1冊として、手に入れられてください。

✔︎ 「聴く読書」Amazon Audible
今だけ2ヶ月間無料体験
✔︎ どれでも好きな本が2冊無料でもらえる
✔︎ 体験終了後は月額1,500円

『嫌われる勇気』はすごく興味深いけど、まずはもう少し手軽に学んでみたいな…


そのような人は、ぜひ当ブログの『嫌われる勇気』に関する記事を読んでみられてください。(これらは当ブログでも特に読まれている人気記事です)

『嫌われる勇気』の名言8選
『嫌われる勇気』を学んで、自分の人生に生かしていきたいんだけど、どんなことが書いてあるんだろう?このような思いを持った人へ。この記事では名著『嫌われる勇気』の中から、名言を8つ厳選してお届け。「アドラー心理学」の理論や用語にこだわることなく、あえて『嫌われる勇気』らしい名言を選びました。


『嫌われる勇気』は自己中か?
『嫌われる勇気』ってただの自己中じゃない?『嫌われる勇気』から影響を受けてる人が身近にいるけど、ただの自己中に見える。この記事ではこうした問いに答えながら、『嫌われる勇気』を実践する上での、ありがちな悩みを解決していきます。、大ヒットドラマ『半沢直樹』も例に挙げながら書いています。


『嫌われる勇気』実践法!自由への3ステップ
『嫌われる勇気』を読んだけど、具体的にどのように実践していけば良いのだろう?このような悩みを抱える人へ。日々、アドラーの研究&実践をする筆者が「嫌われる勇気」実践法を3つのステップに分けて解説していきます。この記事を読むと「嫌われる勇気」を生活で生かしていく具体的な道筋が見えます。



また当ブログでは『嫌われる勇気』だけでなく、アドラー心理学を総合的に学べるようになっています。以下のまとめ記事から、気になる記事を読んでいかれてください。


↓アドラー心理学をもっと学びたい人へ。入門〜上級者まで、オススメ本を厳選してまとめました。