アドラー心理学とは?【入門〜応用までわかりやすく解説】

アドラー心理学

『アドラー心理学ってなに?どんな風に役立つの?』という初心者から、『アドラーの〇〇という概念についてくわしく知りたい』という中〜上級者に向けたまとめページです。(現在24記事)

このページを上から順番に読んでいくことで、アドラー心理学の基本と応用を学ぶことができ、アドラー心理学を正しく理解し、日常で実践的に使えるレベルになります。


すべての記事を読むと10万字は超えるので、ざっと本1冊分くらいの知識量にはなります。(もっと充実させていく予定です)


執筆方針として、アドラー自身の思想を尊重していること、実践としてすぐに使えて読んだすぐから人生のプラスになることの2つを意識しています。


自分自身、アドラー心理学を実践することで、対人関係のトラブルは減り、前向きに生きられるようになりました。この体験を多くの人にも味わってもらいたいと思い、アドラー心理学のまとめページを作成しました。


みなさまの人生に、この記事をお役立ていただけたらうれしいです。



✔︎ 補足:記事の信頼性

この記事を書いている人(@atsukuteyurui)のプロフィールは以下の通り。アドラーカウンセラーにも弟子入りし、アドラー心理学の勉強&実践を継続しています。

・アドラー心理学の各種講座1受講済み

・ELMリーダー

・アドラー心理学実践 7年目

・現在大学院にて、アドラーの原著を読み込む毎日。


アドラー心理学関連の記事が、Google検索でも上位獲得中です。

当ブログのアドラー心理学関連記事の検索順位
(2021年5月29日現在 / 上位のものだけ)

  • 「アドラー心理学 ライフスタイル」→1位
  • 「ライフタスク」→1位
  • 「課題の分離 わかりやすく」→1位 ※「課題の分離」→8位
  • 「クラス会議」→1位
  • 「嫌われる勇気 自己中」→1位
  • 「嫌われる勇気 おかしい」→1位
  • 「共同体感覚 わかりやすく」→2位
  • 「嫌われる勇気 名言」→1位
  • 「勇気づけ」→1位
  • 「アドラー心理学 目的論」→4位
  • 「アドラー心理学 全体論」→1位
  • 「アドラー心理学 認知論」→1位
  • 「幸せになる勇気 名言」→1位
  • 「アドラー心理学 わかりやすく」→3位
  • 「アドラー心理学 教育」→2位
  • 「アドラー心理学 要約」→3位
  • 「アドラー心理学 本」→6位
  • 「嫌われる勇気 実践」→2位
  • 「劣等コンプレックス」→8位

まだまだこれからですが、引き続き上位獲得を目指します。

【6/29まで】プライム会員限定で、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)が3ヶ月無料キャンペーンを実施中。

無料体験で手に入れた3冊は、体験終了後もそのまま利用可能。少しでも興味があれば、以下のリンクから登録してオーディオブックを手に入れましょう。(通常4500円→0円)

»Audlbileを3ヶ月間無料で試してみる

»プライム会員登録がまだの人はこちらから30日間無料体験

【6/22まで】Amazonの音楽聞き放題サービスAmazon Music Unlimitedが期間限定で3ヶ月無料キャンペーンを実施中。プライム会員ならなんと4ヶ月無料!
7000万曲以上が聴き放題。ポッドキャストも充実。今すぐ下記公式サイトから無料体験を申し込みましょう。(通常2940円/3120円→0円)

»Amazon Music Unlimitedを3ヶ月間無料で試す(プライム会員は4ヶ月無料)

スポンサーリンク

アドラー心理学とは?

アドラー心理学(individual psychology)とは、オーストリア出身のアルフレッド・アドラー(Alfred Adler、1870-1937)が創始し、後継者たちによって発展させられてきた心理学の体系のこと。正式名称は、個人心理学。

アドラーは、フロイト、ユングと並んで、心理学の世界三大巨匠とも呼ばれます。


アドラー心理学では、個人は他者とつながり影響を与えあう社会的な存在であり、「すべての悩みは対人関係の悩みである」と考えます。


また、フロイトの「〜だから、××になる」という原因論ではなく、「目的のために、自ら選択する」という目的論で考えることも大きな特徴です。


たとえば、

子どものころに虐待を受けたから(過去の原因)、社会でうまくやっていけない(結果)

という「原因→結果」で考えるのがフロイトの原因論の考え方です。


一方、アドラーの目的論では、

社会に出て他者と関係を築きたくないから(目的)、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す(自ら選択)

と「目的のために自ら選択する」ととらえます。


つまりアドラーは、人間は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きていると考えるのです。





アドラー心理学は、

✔︎ 自分の個性、自分の一度きりの人生(個人の視点)

✔︎ 他者や共同体への貢献と協力(社会の視点)

という、両立しづらい2つの大きなテーマを、ともに大事にして実現することを目指す心理学だと言ってよいでしょう。


「社会の抑圧」や「個人の尊重」がこれだけ叫ばれる現代だからこそ、重要な示唆を与えてくれる心理学なのです。




【入門】以下の4記事は、初心者向けにかなりカンタンに書いています。

アドラー心理学の要約【研究者がとにかく簡単に書きました】
「難しいことわからないから、とにかく簡単に、アドラー心理学のポイントだけを教えてほしい!」という人へ。とにかく簡単に、アドラー心理学を要約しました。簡単とは言っても、アドラー心理学の重要ポイントはほとんど網羅もうらしています。記事後半には、【無料】で簡単に勉強できる方法も紹介。


アドラー心理学の実践5つ【生きるのが楽になる】
「他人と比較してしまって苦しい。自分はダメ人間」「言い訳ばかり、人のせいばかり。こんな自分を変えたい」など5つの悩みに答える形で、アドラー心理学の実践を5つ紹介。生きるのが楽になるためのヒントが少しでも得られるよう、心をこめて書いていきます。


アルフレッド・アドラーとは?わかりやすく解説
「アドラーの人生は?功績は?生き方から何が学べる?」このような疑問に答えるために、アルフレッド・アドラーとは?をテーマに書いていきます。記事後半には、無料で手に入るアドラーの資料や著書もまとめています!


アドラー心理学おすすめ本まとめ(入門〜上級まで)【研究者が厳選】
「アドラー心理学の本がいっぱいありすぎてわからない」「他のサイトでオススメされている本が、いわゆるビジネス本ばかりであまり参考にならない」この記事ではアドラー研究者が、入門〜上級まで、マンガ〜専門書まで、自信を持っておすすめできる本をまとめていきます

アドラー心理学の基本前提(基本の理論)

アドラー心理学の基本前提(基本の理論)は以下の5つです。

○個人の独自性、ものの見方に関する理論

 ✔︎ 自己決定性

 ✔︎ 認知論

 ✔︎ 目的論

○つながりに関する理論

 ✔︎ 全体論

 ✔︎ 対人関係論(社会統合論)

ゆるい
ゆるい

まずは、個人の独自性や、ものの見方に関する理論から。

✔︎ 自己決定性

人間は、自分の行動を自分で決めることができるという考え方のこと。

環境や自分の特性の影響はあっても、それによって個人の自動的に人生が決まるということはない。自ら行動を決定しているし、決定できる!


というように、主体的で創造的で前向きな人間観です。



✔︎ 認知論

私たちは現実それ自体を見ているのではなく、現実を自ら意味づけ解釈したものを体験しているという考え方のこと。


自分の人生は「起こったことの解釈」の連続で決まるので、逆に言うと「解釈」を制すれば、人生は大きく変わるのです。

認知論とは?わかりやすく解説
アドラー心理学の認知論ってなに?認知論を学ぶとどう役立つの?このような疑問をもった人へ、アドラー心理学の認知論についてわかりやすく解説。認知論は人生を大きく変える力をもった考え方。実際にこの考え方を自分の人生に役立たせるにはどうすれば良いのか?という疑問にも、くわしく解説しています。



✔︎ 目的論

人が行動を起こすとき、本人が自覚的かどうかにかかわらず必ず目的があるという考え方のこと。


「自分や他者の行動の目的はなんだろう?」と問うことで、相手の行動や、自分の感情に振り回されることなく、冷静に対処することができるようになります。

目的論とは?わかりやすく解説(実用例あり)
「過去や環境のせいで…」と、つい言い訳していませんか?そんな人に知っていただきたいアドラー心理学の目的論。目的論は、自らの行動は、自分の設定した目的のために、主体的に選ぶことができるという前向きな考え方。人生へのアプローチを根本から変える力をもちます。目的論のエッセンスをわかりやすく解説!




ゆるい
ゆるい

続いて「つながり」に関する理論です。
アドラーはつながりをとっても大事にしています。

✔︎ 全体論

人間を分割できない全体、一つの統一体としてとらえる考え方のこと。


この考え方を身につけると、今まで治らなかった心や身体の不調への、新たな糸口が見つかるかもしれません。

全体論とは?わかりやすく解説【実践例あり】
「全体論」ってなに?何の役に立つの?このような疑問をもった人へ、アドラー心理学の全体論についてわかりやすく解説。全体論を実際の生活に活かすにはどうすればよいかもお伝えします。全体論は、心や体の不調の解決や、バランスのとれた自己成長へと導きます。



✔︎ 対人関係論(社会統合論)

人間は社会的な存在で、個人個人はつながりあって、絶えず影響を与え合っているという考え方のこと。


アドラー心理学は「全ての悩みは対人関係の悩みである」「全ての行動には相手役がいる」などと言いますが、それは個人同士がつながりあって、影響を与え合う存在であると考えているからです。


また、具体的な他者とのつながりとして、人間として生まれたからには取り組まねばならない「仕事・交友・愛」3つのライフタスク(人生の課題)があるとアドラーは考えました。

3つの「ライフタスク」から考える人と人のつながり
アドラー心理学の3つの「ライフタスク(仕事・交友・愛)」について、アドラーの言葉から徹底解説。また「ライフタスク」からアドラーの価値観や人間観まで深めます。

アドラー心理学の価値観 – 共同体感覚

✔︎ 共同体感覚

共同体感覚は、アドラー心理学の価値観で「他とのつながりを感じ、つながっている他へ関心を向けている」という感覚のことです。


身近な言葉で言うと「所属感」「思いやり」が近いです。


アドラー心理学では、一人一人に「共同体感覚」を育み、他者や共同体へと貢献・協力することを目指します。

共同体感覚をわかりやすく徹底解説
「共同体感覚についてわかりやすく、けど正確に知りたい」「共同体感覚って自分の人生にどう生きるの?」このような人に向けて、アドラー心理学の最重要概念「共同体感覚」について、アドラー研究者が、わかりやすく、くわしく書いていきます。

アドラー心理学の人間分析

✔︎ ライフスタイル

ライフスタイルとは、一人一人の個人の「解釈の仕方」「個人の人生」をつかさどる法則のこと。個人の性格に関する理論だと思えばまずはOKです。


アドラー心理学の治療は、個人のライフスタイルを技法を使って分析し、ライフスタイルの誤りを修正するというアプローチをとります。

ライフスタイルとは何か?(アドラーの人間観を探る)
「ライフスタイル」とは、一人一人の個人の「解釈の仕方」「個人の人生」をつかさどる法則のことです。この記事では、アドラーの原著からまず「ライフスタイル」について学び、さらに、アドラーの人間観まで深めます。


✔︎ 劣等感

劣等感とは「自分は〇〇という点で、劣っている」と主観的に感じることです。


「劣等感」と聞くとよくないものだと思うかもしれませんが、アドラー心理学では成長に向けたポジティヴなエネルギーであるとらえます。


例えば、テストの点を見て、

こんな点数ではだめだ!(劣等感)

→よし、もっといい点数を目指すために勉強するぞ!

となった場合、劣等感が成長につながっており、とてもよい状態です。


アドラーは、人間は劣等感をエネルギーとして、マイナスからプラスへと優越性を追求する生き物であるととらえたのです。




✔︎ 劣等コンプレックス

劣等コンプレックスとは、劣等感を言い訳にして行動しないことを言います。


先のテストの例で言うと、

こんな点数ではだめだ!(劣等感)

→どうぜ自分は無能さ。努力してもムダ。

というような発想になることです。


このように、劣等感は適量であれば成長のエネルギーとなります。しかし、劣等感が強すぎると、今度は劣等コンプレックスになり、成長を止めてしまうのです。

【アドラー心理学】劣等コンプレックスとは?わかりやすく解説
劣等コプレックスは不登校の子どもや、他者を執拗しつように攻撃する人たち、自殺の問題など、さまざまな心の病の原因であると考えられます。この記事では「劣等コンプレックス」の状態、原因、解決方法についてもくわしくお伝えします。

アドラー心理学の技法 & 実践

アドラー心理学って生活の中でどうやって役立たせていけばよいの?という人へ、アドラー心理学の具体的な技法や実践を紹介します。


記事を読んで、アドラー心理学を生活の中でドンドンご活用ください。


対人関係がスムーズになり、生きやすくなること間違いなしです。


アドラー心理学を教育に生かす5つの大事なこと【体験談あり】
「授業や学級経営で、子どもにどう関わっていけばよいかわからない」「アドラー心理学って教育に使えるの?」この記事は、アドラー心理学を教育に生かす5つの大事なことがテーマ。子どもの成長を心から願う学校の先生や、お子さんを持つ親御さんに知ってもらいたいアドラー心理学の考え方を、5つに絞ってお届けします。


勇気づけとは?わかりやすく徹底解説
「勇気づけ」とは自分自身や他者に、困難をのりこえるための活力を与える技法のこと。その重要さは、アドラー心理学が「勇気づけの心理学」とも呼ばれるほど。大学院の研究でアドラーの原著を読み込んできた筆者が、アドラー自身の思想を踏まえ、勇気づけについて徹底解説します。


課題の分離をわかりやすく徹底解説
アドラーの原著を読み込んできた筆者が、アドラー自身の思想を踏まえ「課題の分離」の本当の意味を解説。今やアドラー心理学の代名詞とも言える「課題の分離」という考え方。しかし、実は「課題の分離」はアドラー自身が提案した話でもないし、非常に誤解されている概念でもあります。


クラス会議とは?やり方は?わかりやすく解説
「クラスの子どもが教師の手を借りなくとも、協力し自分たちで前に進んでいける」そんな学級づくりをしたいと思いませんか?「クラス会議」を取り入れれば、自分たちのことは自分で解決する、主体的で積極的な学級をつくることができます。この記事では「クラス会議」の目的や、ポイント、具体的な進め方をわかりやすく解説!


【自律した子に育つ】子供の叱り方(モンテッソーリ&アドラーに学ぶ)
子どもの叱り方がわからない。そんなあなたへ、モンテッソーリ教育やアドラー心理学の知見を踏まえて、「自律した子に育つ、子供の叱り方」についてわかりやすく解説。子育てで悩むお母さんお父さん、指導で悩む学校の先生は必見です。


【自律した子に育つ】子供の褒め方(モンテッソーリ&アドラーに学ぶ)
「すごい!」「よくできたね!」「さすが○○ちゃんだね!」その言葉、子どもの成長にとってむしろマイナスかも?この記事ではモンテッソーリ教育やアドラー心理学の知見から「ほめ方」について徹底解説しています。

アドラー心理学を本で学ぶ

もっとアドラー心理学について学びたい!という人へ。こちらではオススメ本をまとめていきます。

【名著】人生の意味の心理学

【アドラー】「人生の意味の心理学」を読む
アドラーの主著『人生の意味の心理学』。大学院でアドラーの原著を読み込んできた筆者が『人生の意味の心理学』の中からグッとくる箇所を8つピックアップし、わかりやすく解説!アドラー自身の言葉から、アドラー心理学のエッセンスを学んでいきましょう。



【ベストセラー】嫌われる勇気

『嫌われる勇気』の名言8選
『嫌われる勇気』を学んで、自分の人生に生かしていきたいんだけど、どんなことが書いてあるんだろう?このような思いを持った人へ。この記事では名著『嫌われる勇気』の中から、名言を8つ厳選してお届け。「アドラー心理学」の理論や用語にこだわることなく、あえて『嫌われる勇気』らしい名言を選びました。


『嫌われる勇気』は自己中か?
『嫌われる勇気』ってただの自己中じゃない?『嫌われる勇気』から影響を受けてる人が身近にいるけど、ただの自己中に見える。この記事ではこうした問いに答えながら、『嫌われる勇気』を実践する上での、ありがちな悩みを解決していきます。、大ヒットドラマ『半沢直樹』も例に挙げながら書いています。


『嫌われる勇気』実践法!自由への3ステップ
『嫌われる勇気』を読んだけど、具体的にどのように実践していけば良いのだろう?このような悩みを抱える人へ。日々、アドラーの研究&実践をする筆者が「嫌われる勇気」実践法を3つのステップに分けて解説していきます。この記事を読むと「嫌われる勇気」を生活で生かしていく具体的な道筋が見えます。




『嫌われる勇気』を無料で読むには?
「嫌われる勇気を無料で読みたい」という人へ、『嫌われる勇気』を無料で読む方法を紹介。DIAMOND onlineの重要箇所抜粋(無料)を読む方法と、Amazonの「聴く読書」Audible(オーディブル)で無料で手に入れる方法を紹介。完全無料で『嫌われる勇気』を読みたい人は必見です。

幸せになる勇気

『幸せになる勇気』の名言7選
『幸せになる勇気』を学んで、自分の人生に生かしていきたいが、どんなことが書いてあるんだろう?という人へ。名著『幸せになる勇気』の中から、人生に役立つ名言7つを厳選してお届け。特に教育関係の話が多いので、学校の先生をはじめ、教育関係者にぜひ読んでいただきたい一冊。専門理論や用語は避けて書きました。



その他

『人生が大きく変わるアドラー心理学入門』5つのポイント
『人生が大きく変わるアドラー心理学入門』を読んで面白かったポイントを5つ選んでまとめていきます。アドラー心理学の初心者〜中級者で、アドラー心理学の基本理論・全体像を網羅的に知りたい人にオススメの一冊です。




↓アドラー心理学をもっと学びたい人へ。入門〜上級者まで、オススメ本を厳選してまとめました。